レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold02_blogside.jpg


    Hold01_blogside.jpg
    暑くなるまでには出したいです。



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    恋するおむつ妹2

    しゅいいいぃぃぃぃ……………。

    千早「はぁ……おトイレに間に合って良かった……」(夢の中)


    そんな千早は、現実ではおむつにおねしょしてしまって、翌朝兄に脱がしてもらうことに。


    この小説を最初から読む!
     
    「んんっ」
     布団に横たわっている千早は、苦しげに眉を歪めると、

    「んんっ、ううぅぅ~~……」


     しょわわわわわわわわ~~~。


     千早のおむつからくぐもった水音が聞こえてきたではないか。
     それはなんの躊躇いもなく、放尿そのものと言えた。
     夢の中では気持ちよくトイレに向かっておしっこをしているのだ。
     無理もないことだけれど。


     しょおおおおおおおおおお…………。


     もしもおむつを充てていなかったら大きな世界地図ができあがっていたことだろう。
     そんな千早の紙おむつが、


     もこ、もこもこもこ……。


     ゆっくりと、静かに膨らみだした。
     紙おむつに縫い付けられている吸水ポリマーは、おしっこを吸収するとモコモコと膨らむことによって水分を閉じこめるのだ。


     しょわわわわわわわゎゎゎ~~~。


     ピンクの花柄が散った白い紙おむつは、鮮やかなレモン色に染まっていき、生温かくモコモコと膨らんでいく。
     そんななんの躊躇いもないおねしょをしている千早は、どこか幸せそうな笑みを浮かべていて、


    ブルルッ。
    大きく身震いすると、千早は再び安らかな寝息を立て始める。
    きっと夢の中でもおしっこを終えたことだろう。


    「はぁ……気持ちよかった……むにゃむにゃ……」
     一回り大きくなったおむつに脚を開いて眠りながら、千早はすぐ横で寝ている兄の腕にしがみついた。



    *   *   *



    「うえぇん……お兄ちゃん、千早、おねしょしちゃったの……」

     翌朝、千早が目覚めると、紙おむつはすっかりモコモコに膨らみきって、冷たくなっていた。
     吸水ポリマーのおかげでサラッとはしているけど、お尻のほうにまでおしっこが広がってしまっているので冷たくて気持ち悪かった。


    「ほら、泣くなよ。綺麗にしてやるから」
    「うぅ……ありがとう……お兄ちゃん」


     何度味わっても、この気持ち悪さには馴れることができない。
     泣いていると、兄がお湯をたたえた洗面器と換えのパンツを持ってきてくれた。


    「お兄ちゃん、お願い……なの」
    「ジッとしてるんだぞ?」


     鮮やかなレモン色に染まったおむつを兄に晒す。
     脚を広げ、それはまるで赤ん坊のように。
     ペリペリと紙おむつのテープを剥がされると、


     もわ……っ。
     おむつの内側から解放されるアンモニア臭。
     そしてやっぱり、さっきまでおまたが当たっていたところは真っ黄色に染まり上がっていた。


    「まずはおむつをどかして、と……いま温かいタオルで拭いてやるからな」
    「うん……おまた、おしっこくさいからお願いなの……」


     ヒクヒクと痙攣しているおまたを兄に向けて晒す。
     小学5年生で、しかも家族のように育ってきた兄だ。
     恥ずかしいとかそういう感情は湧いてこなかった。


     柔らかいマシュマロのようなおまたに、スッと一本通った筋。
     そこからピンクの小さな花びらが、ぴょっこりと顔を出している。
     花びらの上にあったかタオルを置かれると、それだけで気持ちよくなれた。


     ぽんぽんっ。


     軽くおまたを叩いてくれる。
     その兄の手の感触が大好きだった。
     おもらししたときは、こうしていつも拭き拭きしてくれる。


    「お兄ちゃんの温かいの……気持ちいいの……」
    「こら、また眠ろうとするんじゃない。千早はすぐにおねしょするんだから」
    「ぶー、お兄ちゃんのタオルが気持ちよすぎるんだもんっ」
    「ほら、綺麗に拭けた。つぎはパンツ穿かせてやるからな」
    「うんっ」


     仰向けになったままで、器用におパンツを穿かせていってくれる。
     最後は穿きやすいようにとお尻をあげれば完成だ。


    「やった。お気に入りのネコさんパンツ。今日はいいことがありそう!」
    「そりゃあ良かった。それじゃあとりあえず朝ご飯だな」
    「うん。朝ご飯は1日の元気の源なんだから、ちゃんと食べないとねっ」

    恋するおむつ妹3につづく。


    川に遊びに行った千早は、お腹を冷やしてしまい……。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/286-6b18d29a

    -

    管理人の承認後に表示されます

    ブログパーツ