レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold02_blogside.jpg


    Hold01_blogside.jpg
    暑くなるまでには出したいです。



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    恋するおむつ妹1

    兄妹のように仲の良い2人の親戚の話。


    妹の千早は11歳。小学5年生。
    兄の俊介は12歳。小学6年生。


    夏休みを利用して俊介が千早の家に遊びに来てみると、親戚たちはおむつの取れていない千早のお世話を任せてきて……。
     
    一夏の思い出に、妹が芽生えるお話。
     
    「お兄ちゃん、寝る前におむつ、充てて欲しいの」
    「しょうがないなぁ、千早は甘えん坊なんだから。ほら、充ててあげるから、そこに横になって」
    「うん」

     大好きなお兄ちゃんに、折りたたまれた紙おむつを差し出して呟く。
     そんな千早に、兄は嫌な顔1つせずに紙おむつを受け取ってくれた。

    「ありがと……お兄ちゃん」
    「それじゃあ布団の上に仰向けになって……」
     布団の上に仰向けになって、スリップと女児パンツだけという格好で、兄に向かって脚を開く。


     妹である千早は11歳で小学5年生。
     兄である俊介は12歳で小学6年生。


     千早は俊介のことを『兄』と呼んでいるけど、実際に兄妹というわけじゃなくて従姉妹に当たる。
     今は、俊介が夏休みを利用して、いとこの千早の家に遊びに来ているのだ。


     千早は英国人の母の血を濃く受け継いでいて、流れるような金髪と透けるような碧眼を持って、お人形さんのように可愛らしいのに、こうして夜になるとおねしょをしてしまうので、いつも自分でおむつを充てて眠ることにしている。


     だけど兄が家に遊びに来たときだけは別だ。
     昼間は兄と一緒に遊び回り、夜になったらお風呂に入って、寝るときも一緒に寝る。
     それだけ千早は兄のことが大好きなのだ。
     兄の手によってパンツを脱がされると、


    「おまた、スースーするの……」
    剥き出しになったおまたには産毛さえも生えていない、正真正銘のパイパンだった。
    小学5年生と言えば、早ければ生えてきている子もいるというのに……。


    ふっくらとしたまっさらなおまたにスッと一筋の筋が走り、その真ん中からピンク色のツボミがちょこんと顔を出しているだけだった。
    そんなおまたが兄に見られてヒクヒクと痙攣している。


    「お尻あげて……よし、パンツは脱げたな。寝る前にちゃんとトイレに行ってきたか?」
    「うん、ばっちりだよ?」
    「よしそれじゃあおむつは、と……」

     ツルツルのおまたを紙おむつに包まれていく。
     ピンクの花柄模様の、子供用のおむつだ。
     しっかりと前の方にまで持ってくると、横からテープで留めてくれた。


    「よし、これでちゃんと充てられたぞ?」
     ぽんぽん。
     おむつの上からおまたをはたいてくれて、千早はTシャツとおむつという格好で元気よく身体を起こすと、

    「ありがと、お兄ちゃん! これで今夜も一緒に寝れるね」
    「こら千早、自分の布団で眠らないとダメじゃないか」
    「じゃあ5分だけ。お兄ちゃんと一緒のほうがよく眠れるんだもんっ」
    「仕方が無い。5分だけだぞ?」
    「うん!」

     兄の布団に潜り込むと、抱き枕のようにギューッと抱きつく。

    「ちょっ、千早、暑苦しいぞ」
    「……うん……むにゃむにゃ……」
    「って、もう寝てるし……」

     約束通り(?)、千早は5分も経たずに夢の世界へと旅立っていた。



    *   *   *



    「んん……おちっこ……したいの」

     ぶるるっ。
     千早は身体を震わせると、尿意で目覚めた。
     たぶん真夜中なのだろう。

     お酒を飲んで騒いでいた親戚の人たちも寝静まっているようでシンと静まりかえっていた。

    「おトイレ……1人じゃ怖いけど……」

     同じ布団で寝ている兄は、ぐっすりと眠っていて、起こすのは悪いかなと思ってしまう。
     起こしたら一緒に行ってくれるだろうけれど……ここは我慢だ。そこまで甘えるわけにもいかない。

     兄を起こさないように布団から出ると、長い廊下を足音を立てないようにトイレへと歩いて行く。

     千早の住んでいる家は和風のお屋敷で、部屋とトイレが離れた場所にあるから困る。
     延々と続く長い廊下の先にあるトイレのドアを開けると、そこには和式の水洗便器があった。

    「うぅ……怖いから早くおしっこして帰りたいの……」
     おむつを外し、トイレに跨がると……、


     しゅいいいいいいいぃぃぃぃ……。

    「はぁ……気持ちいい……」

     千早は便器に弾けるおしっこを見つめながらため息をついた。
     溜まりに溜まったおしっこのせいでお腹が痛くなっていたけど、こうしてトイレにすることができればもう大丈夫だ。

     しゅいいいいいぃぃぃ……。


    「はあぁぁぁ……」

     深い、深いため息をついてお腹の力を抜いていき……、

     しゅいいいいいいぃぃ……。

    「んんっ、気持ちいい……いっぱいおしっこでてる……」

     しゅいいいいいいいぃぃ……。

    「あれ、でもなんか……」

     おしっこをしながら千早はある異変に気がついた。
     どんなにおしっこをしても終わらないのだ。延々と出てきて、そればかりかお腹の苦しみもどんどん強くなってきている。

    「やだ……これって……」
     今までおねしょをするときに何度も経験してきた。

    「もしかして……もしかして……夢?」
     そんな千早の嫌な予感は的中してしまうことになる。
     現実では……、


    恋するおむつ妹2につづく



    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/285-a05561a4
    ブログパーツ