レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    のーぱんちゅスピンオフ:ふくらむブルマ3

    放課後、夕焼けに染まるグラウンドの隅っこにある体育倉庫にやってきた琴乃。


    そこは、兄さんに初めて『芽生え』させてもらって、しかしあまりのショックに小さな身体が耐えきれずにブルマを穿いたままうんちおもらしをしてしまった苦い思い出のある場所でもあった。

    そんな琴乃はその甘くマグマのような感触を思いだすたびに身体が熱くなり、1人でおもらし遊びを繰り返すようになっていて……。
     
    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
     十六夜学園の体育倉庫はグラウンドの端っこにあり、放課後になるとほとんど人気が無くなってしまう。
     琴乃はガラガラと重たい倉庫のドアを開け、夕日に長く伸びた影を落としながら体育倉庫へと忍び込んでいた。

    (初めて兄さんに大人の授業を教わった場所……)

     体育の授業が終わってからそのまま帰りのショートホームルームを受けたので、体操服とブルマを着ている。
     そしてその下腹部はぽっこりと少しだけ膨らんでいた。

    「うぅっ、もう我慢できそうにない……っ」

     キシキシと痛むお腹を押さえながら呟く。
     午後の授業中はずっと我慢していたので、少女の小さな膀胱はおしっこでいっぱいになっていた。
     それだけじゃない。

     ぎゅ、ぎゅるるるるるるぅ~~……。
     腸が捻れるような不吉な音がお腹から聞こえてくると、おしっこ我慢とは比べものにならないほどの痛みが小さな身体に襲いかかる。
     きっと、お腹の中ではいっぱい飲んだ牛乳に溶かされたうんちが渦巻いているに違いなかった。

     ブルマとショーツのおへそのあたりの腰ゴムをつかんで、おまたがどうなっているのか確認してみる。
     ショーツはねっとりとした愛液が張りつき、乾いては湿り、乾いては湿りを繰り返して消しゴムのカスのようなモロモロができている。
     産毛さえも生えていない小学5年生のぷっくりとしたおまたは、プラムのように赤くかぶれていた。


     ぴゅるっ。
    「あっ、で、でるぅ……」

     もう一歩も歩けないほどお腹が悲鳴を上げる。
     グラウンドの端っこにある体育倉庫からは、トイレに行くには広々としたグラウンドを横断しなくてはいけない。
     それなのに、なぜおしっこを我慢しながらこんなところに来てしまったのか?
     もう後戻りできないというのに。


    「はぁっ、はぁっ、はぁっ、……く、くうぅ~~……」
     お腹が爆発しそうな痛みに眉を歪ませ、琴乃はその場にしゃがみ込んでしまう。
     それは和式トイレでおしっこをするかのように。

     ブルマを穿いたままだというのに、
     プシュッ!
     おしっこが弾ける水音が聞こえてきた。
     腹圧におしっこが漏れだしてきているのだ。

    「あっ、れ、れるぅ……っ」
     ブルマの上から前抑えして必至に堪える。
     我慢すればするほど、おしっこをしたときの気持ちよさも増える。
     今まで何度もおもらし遊びをしてきて分かったことだ。

    「おしっこれちゃう……っ! 兄さん、おしっこ、漏らしちゃうよ……?」
     兄さんに一言だけ謝る。
     おもらしはトイレが無い体育倉庫にきた時点で決まっていたことだった。


    「うっ、ああああ……はああぁ~~……」
     ちょっとでもおしっこを我慢するために前抑えしている両手はブルマに食い込ませたままでいる。
     だけど、


     じゅわ……、
     おまたが温かくなる。
     もう我慢できない。太く、短い尿道では。
     かんねんして少しずつ指の力を抜いてしまうと、


     プシュ……、
     シュイイイイイイイイイイィィィィィ……

     くぐもった水音がブルマの中から聞こえてきた。
    「ああっ、おしっこ……兄さん、おしっこ漏らしちゃっ……あああっ」

     元気よく噴きだしてきたおしっこはパンツの内側に弾けると、いたずらっぽくおまたをくすぐってお尻を撫で回していく。
     生温かい感触が腰に広がると、その時になって気付いた。

    「やだ……ぱんつがはみ出しちゃってる……」

     ブルマからは水色のしましまパンツがハミパンしているではないか。
     その白かった部分が見る間にレモン色へと染まっていく。
     もうこうなってしまっては、女の子の太く短い尿道でおしっこを止めることはできなかった。

     しゅいいいいいぃぃ……
     しょわわわわわわわわわわわ……

     おまたが緩みきってしまっていても、なかなかおしっこは外側にまで滲み出してこなかった。ゆっくりと心の中で数を数える。
     子供用の厚手のぱんつとブルマはいっぱいおしっこを吸うのだ。

    (1,2,3,4,5…………)
     ゆっくりと五つを数え終わったところで、ようやくブルマにじゅわりとした暗いせせらぎが現れて、ぱたぱたとコンクリートの床に暗い染みが広がり始めた。


     しょわわわわわわわわ………………
     くちゅ、くちゅっ、

     いつしかブルマからはくちゅくちゅと蜂蜜をかき混ぜるような音を立て始めている。
     前押さえしていた指が勝手に動いているのだ。

    「兄さ、兄さんっ、おまたがむずむずしてもう我慢できなっ……はぁっ、はぁっ、はぁっ」

     ピリピリと静電気のような気持ちよさを生み出すクリトリスをギュッと押しつけると、おしっこの穴まで塞がってしまう。
     それでもおしっこは出てこようとして、お腹がキシキシと痛くなってきて、そのときに、

    「あっ、ふぁあああああぁぁぁ………………」

     ぷしゃあっ!
     止められていたおしっこは勢いよくブルマの中に弾けておまたに跳ね返ってくる。お尻を撫で回していく。

     トイレにしゃがみ込んでいるかのようなポーズなので、小さな身体を囲むようにして大きな水たまりができあがっていた。
     ふんわりとしたアンモニア臭が体育倉庫に立ち上り、第二成長期を向かえた身体は覚えたての遊びを止めることができない。


     クチュ、クチュチュ……クチュ、クチュ……。


     いつのまにかおしっこが終わり、それでも琴乃の指が止まることはなかった。
     ブルマから小さな指をめり込ませて、ピリピリと電流を生み出しているクリトリスをギュギュッと圧迫する。

     おもらしで濡れそぼっていたブルマから、トロリとしたハチミツが滲み出してきた。

    「はぁ、はぁ……おかしくなっちゃった……おまた触ってて気持ちよくなっちゃった……こんなことしてたらイケナイのに……」

     口では言いつつも指の動きは止まらない。
     ブルマの中ではねっとりとしたおぱんつのハチミツ漬けができあがっているに違いなかった。
     だがひとりエッチに夢中になっている琴乃の指が突然止まってしまう。
     その原因は……、

    「あっ、ぐ、ぐぅ……」


     ぎゅる、ぐるるるる~~~~…………。
     小さなお腹から、腸が捻れそうな音が聞こえてくると、ギュッと両目を瞑り、苦しそうに眉が歪む。


     ちょっとでも早く大きくなれるようにと牛乳をいっぱい飲んだから当然といえば当然のこと……琴乃のお腹は居残り勉強に耐えられるほど頑丈にはできていない。

     このままではうんちおもらしをしてしまうのは火を見るよりも明らかだった。
     それはトイレがある校舎から離れて、体育倉庫に来てしまった時点で決まっていたことなのだ。

     そう……。
     琴乃のイケナイ遊びはまだ終わっていなかった。
     むしろここからが後戻りできない境目なのかもしれない。
     だが琴乃は小さな背中を丸めると

    「出る……兄さん、うんちおもらし……しちゃう……。お腹痛い、お腹痛い、お腹痛い……お腹痛い痛い痛い痛い痛い………………んあっ!!」


     ムリュッ!
     ブルマの真ん中がモコリと膨らむ。

     吐息に、5年生とは思えない熱く官能的なものが混じった。
     琴乃はこの年でうんちを漏らすことに快感を覚えてしまっていたのだ。


     それはあのときと同じ場所で。同じブルマで。
     琴乃は兄に抱っこされながら『芽生えた』ときのことを思いだしながら、同じように失敗を繰り返そうとしていた。


    「兄さんごめんなさい……琴乃はまたうんちおもらししちゃいます……」


    ふくらむブルマ4につづく


    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    新刊、とても面白かったです。(出来れば次の本は、オムツ成分を多めにしてほしいです)
    次回もどうなるのか楽しみにしています。
    話の続きは読みたいので、出来れば続きをお願いします。

    お体にお気をつけて、次回も楽しみにしています。

    新刊お楽しみ頂けてよかったです。
    次回作は上手くいけば近いうちに出すことができるかもしれません。
    そしておむつも今回よりは多めになったと思います。

    ブログの続きは立て込んでて隙が見つかりませんが、4月の中旬までにはなんとか……っ

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/276-87c52759
    ブログパーツ