レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold02_blogside.jpg


    Hold01_blogside.jpg
    暑くなるまでには出したいです。



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    番外編:黒タイツには逃げ場がない2

    黒タイツの番外編の続き。

    百合でカレー成分が多いので嫌いな人は回避しておいたほうがいいと思います。

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない (美少女文庫えすかれ)
    よおこそ、百合の世界へ



    この小説を最初から読む!

     
     
     
     
    「はぁ……はぁ…………はああぁ~~……」

     ひとまずお腹の爆発を放ってしまった小夜は、大きく深いため息をついて崩れ落ちてしまった。
     黒タイツによって失敗のすべてを受け止める羽目になり、下痢は秘裂の深いところにまで入り込んでしまっている。
     チリチリとしたくすぶりを感じるのはクリトリスが剥けてしまっているからだろう。
     背徳的な甘い感触に身体が勝手に反応してしまっているのだ。

     それはシャノンも同じなのか、
    「はぁ、はぁ……うんちおもらししちゃった……気持ち悪いのにおまたがムズムズしておかしいよぉ……」
     戸惑いながらもおまたを前抑えするとグチュリと淫靡な音が響き渡り、
    「はああああぁ……」
     そのため息に官能的なものが混じっていた。

    「ホルスよ……全部でたのか?」
    「まだちょっと残ってる気がするけど……たぶんもう大丈夫だと思う。だけど……」
     言葉を濁して、代わりに身体をプルプルと震わせる。
     その理由はなんとなく分かった気がした。
     だけど今はそんなことをしている場合じゃない。
     ここは駅のトイレなのだ。一刻も早く綺麗にしなければならなかった。


     下痢に湿ったショーツと黒タイツは脱げにくかった。
     見たくないけどショーツの中を確認してみると、フロントプリントの猫さんショーツまでもが茶色く染め上げられている。なんだか申し訳ない気分になってしまって、
    「うぅ、猫さんごめんなさい……今から綺麗に洗います……」
     敬語で謝ってしまっていた。
     初体験のときにも猫さんショーツを穿いて望んだだけに、小夜にとっては守り神のようなものなのだ。

     そうしているうちにもシャノンもショーツを脱ぎ終えたらしく、ローライズの小さなショーツを両手でぶら下げていた。見るからに重たそうだ。
     でもシャノンの視線はなぜか猫さんショーツと黒タイツに釘付けになっていて、嫌な予感がしたときには手遅れだった。

    「小夜のおぱんつ、ちょっと貸してみなさいな」
    「なっ」

     気がつけば、猫さんショーツはタイツごと奪われて、小夜はローライズを持たされている。やはりというか、それは見かけの割にずっしりと重たかった。

    「小夜の黒タイツ見てたら我慢できなくなっちゃった……」
    「おい待てホルス、何をしようという……って、止めないかっ」

     小夜が驚くのも無理はない。
     シャノンは黒タイツに脚を通すと、うんちおもらししたショーツごと穿き上げてしまったのだ。

    「ちょっときついけど、あはっ、なんだかあなたのうんちが食い込んできてピリピリして……っ」
    「おのれホルスめ……」

     目の前で官能的に身体をすくまらせているシャノンを見ていると、なんだか頭がボーッとしてきて、いけないと分かっているのだが……分かってはいるのだが……。

     むにゅうぅ……。
     小夜もローライズのショーツを穿かずにはいられなかった。
     ちょっと大きめなサイズのはずだけど、きっとおもらしした量が多かったのだろう。
     お尻に吸い付くようにしてフィットしてくる。

    「ホルスのパンツがヌルヌルして温かくなってきてるぅ……っ。おかしいのに、こんなの絶対おかしいのにおまたがピリピリして悔しいけど……キュンキュンしてっ」
     腰が抜けてしまったのか、洋式のトイレにしゃがみ込んでしまう。パンツを穿いたままだって言うのに。
     哀しいかな、反射的にピュピュッとおしっこが漏れだしそうになってしまう。だけどここで漏らしてはいけない。シャノンにイニシアチブを握られるのが目に見えているからだ。

     そんなことを小夜が考えているとも知らず、シャノンはお構いなしに覆い被さってきたではないか。
     男女の仲だったら対面座位……と言える格好だ。
     脚を開いたシャノンは向き合いながらも小夜の太ももに座ってくる。
     むにゅりとしたものが太ももに潰れた感触が伝わってきた。

    「こらホルス、のしかかってくるなっ、重たいではないか」
    「小夜の小さな唇が誘ってきてるからいけないんだもん……」
    「えっ……? ちょっ!?」

     抵抗する前にシャノンに唇を奪われていた。
     小さな唇同士が触れあうと、軟体生物のような舌が入り込んできて、歯を閉じていても歯茎をネットリと撫で回されて、
    「ぷはっ」
     息が苦しくて口を開くと舌を絡ませてきたではないか。

     こうなってしまうと小柄な小夜はなにもできなかった。
     女の子が相手だというのに背徳的な快感が込み上げてきて、頬が赤くなり、うなじから太ももまでほんのりと色づいてしまう。
     チリチリと乳首が痛かった。
     きっと勃起してしまっているのだろう。女の子が相手だというのに。

    「は……はふっ、溶けちゃう……からだ、溶かされちゃう……」
    「そんなこと言って、小夜も舌を絡ませてきれるじゃらい……ん、ふぅっ」

     よだれが混じり合ってブラウスを汚していく。
     尖り合った乳首が合わさってコリコリとした快感に濡れてしまう。

    「れちゃう……おしっこれちゃう……」
    「わたしもおしっこ、小夜にかけちゃう……っ」

    「んああっ、ホルスのおしっこ温かくて……え……えぐぅっ」
    「小夜が食い込んで来てぇ……くぅっ」

     ぶる、ぶるぶるっ!!
     二人は身体を重ねるようにして痙攣する。

     ぷしゅっ、しゅいいいいいいいいいいいぃぃぃ……。
     じょろろろろろろろろろろろろ……。

    「漏れてぇ……漏れて……りゅぅ……ホルスにおしっこかけらえてりゅぅ……」
    「すっごくスッキリして……おしっこってこんなに気持ちよかったんだ……」

     失禁の二重奏が個室に響き渡り、もっさりとシャノンのものが詰まったショーツがジンワリと生温かくなり、お尻を撫で回していった。

     シャノンも緩んでしまったのか、太ももをサラリとした生温かい手で撫で回されていく。
     ポシャポシャとお互いのショーツから濾過されたおしっこは茶色く染め上げられて、泥水のようになって少女たちの内股を汚していった。

     そのせせらぎを味わうように、二人の少女は向き合い身体を密着させて、官能的に美肉を震わせ続ける。

    *   *   *

    「いい? おパンツは明日交換なんだからね?」
    「あ、ああ……だけどホルスのパンツぶかぶかする……」

     なんとかお互いのショーツを洗いきったものの、なぜか猫さんショーツはシャノンに奪われてしまったので必然的にローライズのショーツを穿くことになってしまった。
     こんなに頼りないパンツではすぐにお腹が冷えておしっこに行きたくなってしまいそうだった。
     しかも水洗いしたばかりで湿っているし。

     だけどそれは杞憂に終わったようで、

    「ちゅっ」
    「ホルス、何をするかっ」
    「おぱんつを温めてあげるおまじない」

     不意打ちみたいなキス。
     さっきのことが鮮明に甦ってしまって、

    「うあぁ……」
     洗い立ての冷たいショーツにヌルリとした感触が広がる。
     モジモジと内股を擦り合わせるも、クロッチに生温かいおもらしが染みこんでしまった。
    「ほら、早くしないと太助くん待たせちゃってるんだから」
    「あ、ああ……」
     シャノンに手を引かれてトイレを出る。

     トイレを出ればどんなにパンツが汚れていても平然としていなくてはいけないのだ。


    おしまい

    いかがだったでしょうか。
    トイレでこんなことがあったから小夜は珍しく生足だったというオチでした。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    いつも楽しみに読まさせていただいてます。
    この番外編も最高でした(本編よりもエロい気がしますが)。
    これからもお身体を大事になさって、執筆活動を続けてください。

    P.S.先生の作品のおかげでオムツっ娘の素晴らしさがわかりましたw

    書き込みありがとうございます。

    ブログ小説は本編よりもマニアックな事に走れるぶんだけ、書いててブレーキがかからなくなってしまいますが、お楽しみいただけで幸いです^^;

    気がつけば今年はブログでおむつものを書いていないという由々しき事態ですが妄想を膨らませて書いていきたいです。

    素晴らしいです

    やはり素晴らしいです。
    できれば本篇に収録してほしかったです。
    暗さのない、楽しげなマニアックプレイってのが大好きなのですが、マニアック=ダーク、鬱っぽい、ってのが多くて、イヤでした。
    だけどこれは、まさに大好物な作品。
    一見汚いように見えても、とても愛おしく感じられます。
    これからも、もっとこの方向で!本篇作品でもオシッコだけでなく、カレーっぽいものも、モンブランっぽいものも、どんどん書いていただきたいです。
    これからも購入していきますね。

    ありがとうございます!

    楽しんで頂けたようでよかったです。
    よく怒られる作風なのでこのままで良いのかなと内心思っていたところでして^^;
    ありがとうございます。励まされました!

    おかげさまで元気が出てきたので、いま執筆中の作品もブログも頑張って書き進めていきたいと思います。
    今年の夏前には……っ

    拝見させて頂きました

    女の子同士肌を合わせての排泄は素晴らしいです、おぱんつ交換は夢のシチュエーションですね、ましてやそれがどろどろの中身の詰まったものならば…っ!
    お互いの合わさった下半身が汚れて行く様が素晴らしいです。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/273-deef380c
    ブログパーツ