レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    下巻は6月30日に発売決定!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。

    番外編:黒タイツには逃げ場がない1

    ネタバレが嫌いな人は本編をお読みになってから読まれることをオススメします。


    第6章で、電車でイチジク浣腸を受けて、あんなことをされてしまったヒロイン2人がトイレに駆け込むも、その個室で起こったことを妄想してみた。


    あまりにもマニアックすぎるので公式HPに載せてもらうのも悪いかなと思い、ここにこっそりと載せておくことにしますw



    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない (美少女文庫えすかれ)
    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない (美少女文庫えすかれ)



     
     
     

    「も、もう限界だ……で、出るぅ……っ」
     お腹に手を当てながら呟いたのは小夜だった。

     よろめきながらも電車を降り、ふらふらとホームの端っこを歩き、今にも転がり落ちそうになりながら階段を一歩ずつ確かめながら下りていく。

     そんな小夜のお腹からは、ゴロゴロと水っぽい音が鳴り響いていた。
     それだけじゃない。
     黒タイツで覆われたお尻からは、一歩進むたびにネチャネチャと水っぽい音が聞こえてきている。
     さっきまで乗っていた電車で軽く決壊してしまっているのだ。

     電車で浣腸を受け、しかも尻にはアナルビーズを詰め込まれての我慢プレイ……小柄な小夜にとってはこれ以上ないほどの拷問だ。

     同じように浣腸を受けて隣を歩いているシャノンも、
    「うぅ……熱いのがはみ出して来ちゃってる、よぉっ」
     今にも泣きそうな声で呟く。
     だけどここで立ち止まってしまえば悲劇しか待っていない。
     せめてトイレに行くまでは……。

     女子高生がよろめきながら階段を下りていく光景はよほどインパクトがあるのか、すれ違っていく人たちは奇異の目を向けていく。
     見かけだけは美少女な小夜と、金髪美少女のシャノンなのだから無理もないことではあるが……。

     ちょっとでも近づいてみると、二人のお尻からは隠しようのない腐敗臭が漂っていることがばれているに違いなかった。

    「ほ、ホルスよ……もう限界なのか……?」
     小夜はシャノンのことをホルスと呼ぶ。これ見よがしにホルスタインのように大きい胸があだ名の由来だ。
    「もうおぱんつに出ちゃってるけど……せめてトイレまでは……んああっ」

     ぷちゅっ、ちゅるるるる……っ。

     くぐもった水音がスカートの中から響いてしまう。
     柔らかな女の尻では爆発寸前の流動体を止めることはできなかった。

     ムリュリュリュ……っ、ぷちゅちゅっ!

    「んあっ、あっついのがお尻に広がってぇ……っ」
    「ちょっと、小夜、こんなところでしゃがんだら大変なことにな……あああっ」
     お互いに身体を支え合いながらも、歩を重ね、トイレを目指しながら歩いていく。

     少しずつ、だが確実に温かい感触がショーツに広がっていき、僅かながらスカートも押し上げられていく。
     小夜は黒タイツを穿いているので脇からはみ出してくることはなかったが、シャノンはローライズ気味のショーツを愛用している。
     漏らしすぎれば足口から溢れ出してくるのは必至だった。
     それでも、

     びぢ……ビヂュヂュ……ッ!
     ブリュリュリュリュリュッ!!

    「柔らかうんちが止まらない……勝手に溢れ出してくるよぉっ」
    「こらホルス、座るなと言ったのはお前だろう!?」

     お互いに今にも座りそうになっているところを、すんでのところで支え合う。
     もはや二人は歩きながら漏らしているのではない。
     漏らしながら歩いていると言ったほうが的を射ていた。

     だがゴールのないマラソンがないように、歩を重ねていればいつかはトイレへと辿り着く。
     こうして二人がトイレへと辿り着いたときには、すでにショーツにはねっちゃりとした熱いあんかけで充ち満ちていた。
     それでも歩みを止めるわけにはいかない。
     個室に入るまでは……。

     ……勝負は、二人が一緒の個室へ入り込み、ドアを閉めた瞬間に決した。

    「はぁ……はぁ……ここまできたら安心ね……」
    「ああ、ほらホルスよ先にトイレを使えよ。私は……もう手遅れだから」
    「そういう小夜こそ先に使いなさいよね。私もちょっと無理っぽ……あああっ!!」

     先に決壊したのはシャノンのほうだった。

     ブボボボボボボボボッ!
     ゴボシャーーーーーッ!!

     水音に近いくぐもった音がスカートの中から聞こえてくると、幾筋もの茶色い滝が染み一つ無い内股を流れ落ちて行くではないか。

    「い、いやああああっ!!」
     イチジク浣腸でドロドロに溶かされ、しかもお尻の穴をほじくられた未消化物はその原型を留めておらず、いとも容易くショーツに裏ごしされてしまう。

    「……私ももう……あっ、あっ、あっ、あっ、あああっ、、、」

     ゴポ……
      ゴボボボボッ。
        ビシャーーーーーーッ!!

     シャノンの決壊した爆音が呼び水となった。
     我慢に我慢を重ねていた液状便は一瞬で黒タイツをパンパンに膨らませ、それでもなお出てこようとする。

     一本の陰毛も生えていないパイパンはマグマによって焦土に変えられ、それでも容赦なく溢れ続けていく。
     しかもシャノンと違ってローライズではなく、黒タイツを穿いている小夜は、失敗のすべてを受け止めなくてはならなかった。

     ブポッ、ムリュリュリュリュッ!
     ぶぽっ、ぶぽぽっ!!

     下痢によってパンパンに膨らんだ黒タイツに、ぽつぽつと茶色い斑点が現れ始めたではないか。
     行き場を失った下痢が外へと押し出されているのだ。
     
    「全部、タイツぱんぱんなのに全部出ちゃ……あああああーっ!!」
    「脚をなでられてて気持ち悪いのに我慢できな……ううぅっ!」

     排泄の二重奏が個室に響き渡り、小夜とシャノンはお互い寄り添いながら下痢排泄を続ける。



    黒タイツには逃げ場がない2につづく

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/272-e9afdfb6
    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。