レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    【リョナ】篠原世以子バッドエンド妄想2

    コープスパーティー ブラッドカバーリピーティッドフィアーの二次創作。
    ヒロインの親友の女の子が首を吊って失禁するシーンをもうちょっと詳しく書いてみた。

    普段はけいおんとか催眠術とかコミカル(?)な作品を書いていると、たまーにインモラルなものを書きたくなってしまった^^;


    閲覧のさいにはグロ注意。

     
     ガタンッ!!

     勢いよくなにかが引っかかるような音と、ピンッ! 天井からぶら下がっているロープが琴線のように張ったのは。直後、

    「ガハァッ!!」
     大量の口角とともに発せられたであろう悲鳴が個室からきこえてきた。
     その個室はドアが閉まっていて中を確認することができない。
     ただ、中で暴れ回っているのかドンドン、木製の壁を叩く音が響き渡る。
     自分が以外は生きているものの気配を感じ取ることのできぬほどの静寂を破る乱暴な音。
     一瞬何が起こっているのか分からずに思考がパンクしてしまう。

     一体誰が……?
     トイレの中で暴れているのだろう……?
     なんのために……?

    「なに……なんなの……? 中に誰かいるの……?」
     何が起こっているか把握することもできずに、直美はトイレの入り口から個室へと問いかけてみる。姿の分からぬ何物かに向けて。

     ドンドンッ、ドンドンッ!!
     用心しながら、なるべく刺激を与えぬようにと個室のドアをノックする。
     だがその主は直美のよく知っている人物だった。

    「ぐるぢ……! 息が……息がぁ!! ゲフッ!!」
     その声を聞いただけで直美は真っ暗なトイレに入ると個室のドアを開け放っていた。
     どんなに苦しんでいても聞き分けることができる。

    「世以子!!」
     そこにいたのは、ケータイのストラップのように首を吊っている世以子だった。
     図太い天井の梁に結びつけられた荒縄が首に食い込み、必死に外そうとしているものの指が入らずに、首にいくつものひっかき傷が痛々しく刻み込まれていっている。


    「なお、びぃ……! ごほぉッ!!」
     天井の梁からぶら下がっている少女の身体は地面を求めて藻掻き苦しみ、涙を流しながら空気を求める。
     必死に喘ぐ口からはよだれがダラダラと溢れ出し、赤黒く腫れ上がった舌で気道が塞がっているであろうにもかかわらず呼吸をしようとしているから、

    「クヒッ、クヒッ」
     苦しげに湿り気を帯びた声が漏れだしていた。

    「世以子、今助けるから!」
     決心すると、直美は親友の身体を支えるべく駆け寄る。
     とにかく今できることは――。
     そんなことを考えている暇さえもなかった。
     無我夢中で首を吊っている親友へと駆け寄ると、少しでも首へと掛かる負担を減らそうと身体を持ち上げようとした。

    「世以子、そんなに動いたら……助けられないっ」
     咄嗟に首を吊っている世以子に抱き寄るも、必死になって藻掻いている人間の身体というのは想像している以上にやっかいなものだった。
     身体を支えようにも暴れるし、その暴れかたや脳のリミッターが外れているのか、容赦なく直美の顔面を蹴飛ばそうとする。

    「ぐるじっ……っ! 息が、でぎな……かはっ!!」
     だがこうしている間にも世以子は一歩ずつ死への階段を昇っている。
     世以子自身も生への執着があるのか、首に食い込んだロープを外そうとしているようだった。
     だが、隙間無くミッチリと絞め付けているロープを外すことは容易ではなく、首にはいくつもの紅い爪痕が残っていくだけだった。
    「だずげで……な、お、びぃ……っ、だ、ず、げ、でぇ……!!」

     ビクン!
     …………ピーン!!

    「お……っ、お、げぇ……!!」
     吊り上げられた女体が、明らかに今までとは違った痙攣に波打った。
     ただ暴れていただけだったのが、筋肉がつっぱったかのように引き攣りだす。
     それに生温かいよだれの雨がポタポタと直美の頬を濡らしていった。


    「世以子、あんまり暴れたらイヤだからね!」
     もう既に残された時間が少なくなっているのだろう。
     どんなに蹴られても構わない。気にしてる場合じゃない。これ以上親友が傷つくところを手をこまねいて見ているだけだなんて。

     直美は蹴られるのを覚悟して世以子の身体にしがみついた。
     天井の梁から結ばれている世以子の身体は、ちょうどお尻を抱き上げることができる高さだった。
     これならちょっとは時間が稼げるはず……。
     その隙に世以子が首に掛かったロープを外してくれれば……!
     そう思った直後だった。

    「ヴヴッ!!」」


     ビクンッ!
     一際大きな痙攣が世以子の身体を駆け抜けていった。
     それでも支えようとするけど……

     くたぁ……

     あんなにも暴れ回っていた世以子の身体が脱力して、

     ぷらーん……。

     首筋に紅い傷痕を残していた両手が脱力したのだ。

    「…………………………カハッ!!」
     圧迫されている喉仏から、断末魔の擦過音が漏れだした。


    篠原世以子バッドエンド妄想3につづく


    首吊り死体は括約筋が緩み、死してなお大小を垂れ流すから止めとけって教わった
    (´・ω・`)
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/258-1c937fcc
    ブログパーツ