レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold02_blogside.jpg


    Hold01_blogside.jpg
    暑くなるまでには出したいです。



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    【けいおん・憂】妹ヤンデレ!! お姉ちゃんのこと好き好き大好き好き好き1

    「お姉ちゃんの匂い、今日もだらしなくて最高だよぉ……
     汗のしょっぱい匂いがする。……すー……はー……くんくん……」

    若々しくも思考が追いつかない女子高生の青春を受け止めたショーツは、1日も持たずに力尽きてしまった。
    夜な夜な妹はそのショーツの臭いを嗅ぎながら……。


    pixivの一枚の絵を見て閃いたヤンデレ憂の二次創作小説。
    憂「大好きなお姉ちゃんの健康は私が守る!!」



     
     
     
     
    「お姉ちゃんのだらしない匂い、最高だよぉ……。
     汗のしょっぱい匂いがする。……すー……はー……くんくん……」

     一日中お姉ちゃんの汗を吸い続けてきたブラウスはツンとした酸っぱい香りとしょっぱい汗が混じり合って最高だった。
     きっと、ジメジメしたお天気だったからいっぱいかいたのだろう。まだジットリと湿り気を帯びている。


     ……梅雨時の深夜。平沢家。
     そこでは毎晩のように憂による姉の健康チェックが行われていたのだ。姉の目を盗んで。

    「すー……はー……んっ、ふぅ……くんくん」
     憂が先ほどから鼻に当てて深呼吸しているのは、まごう事なき洗濯かごから取り出した姉のブラウスだった。
     もちろん洗濯前で、学校で一日中着て、汗をいっぱい吸い込んだものだ。


    「今日は梅雨空でジットリ空模様だったからお姉ちゃんの匂いもジットリしてて……くんくん」
     姉の一日分の汗を吸ったブラウスを鼻に当てて深呼吸を繰り返す。
     すーはー……すー、はー…………、
    すーー…………はあぁ………………。

    「芝生みたいな爽やかな匂い……それに日なたみたいな匂いもする」
     爽やかな汗の匂いだ。
     ちゃんと普段から健康的に汗をかいている証拠。
     不健全な生活をしていたらもうちょっとキツイ匂いになってしまうに違いなかった。
    「毎日美味しいご飯食べさせてあげてるからね。わたしがお姉ちゃんの身体を作ってあげてるんだから……すー……はぁ」


    「汗は問題なし、と……こっちはどうかな、お姉ちゃん?」

     ごそごそ。
     洗濯かごを漁るけど、お目当てのものは一番下の方に隠されていた。
    「こういう時って大体……」
     なにか見られたくないものを遠ざけようとした証。
     目的の白く小さな布きれをつまむ。その時だった。

     ヌルッ。

    「うわっ、お姉ちゃんのおぱんつヌルヌルしてるよ……それにじっとり重い……」
     ビックリしながらも、期待に胸が膨らんでしまう。
     じっとりと湿っているショーツは重たくてヌメヌメしていた。
    「梅雨の日に黒タイツなんて穿くから……冷たくてヌルヌルになっちゃってるじゃない……」

     腰ゴムの両端をツマミ、三角形にぶら下げてみる。
     全体的にじっとりしていて、特にクロッチは、
    「なんだか特に濡れてるみたい……」

     ショーツにある、女の恥ずかしい染みを隠すための二重布……クロッチは内側に『なにか』が塗り込められているのか重みを感じた。
     それに白ショーツだから気付いてしまった。
     うっすらとなにか茶色い染みがついているのを。


     そんな姉の下着にゆっくりと鼻を近づけていく。
    「薄めたカルピスみたいで酸っぱい匂い……
     くんくん……それに……かゆくなったおまたでおチビリもしちゃったみたい……ちょっとオシッコの匂いもするよ?」


    「……汗でゴムまでしっとり湿ってる……きっといっぱい練習したんだね。
     背筋を伝った汗がいっぱいおぱんつで吸い取られてるよ」

    「でもいくら疲れてても、こんなの穿いてゴロゴロしたなんて。ほんとだらしないんだから」

     しばらく外側からの匂いを堪能した憂は、ゆっくりと腰ゴムに手をかけて呟いた。
    「それじゃあお姉ちゃん、健康診断を始めますからねー?」
     ゆっくりとゴムを開いていき、中を覗き込む……直後のことだ。
    「うっ……酸っぱい……目に染みるかも……」

     もわ……。

     濃縮されたヨーグルト・チーズのような思春期の刺激臭が立ち上り、姉の恥部よりも恥ずかしい恥部が眼前に晒された。

    「凄い……お姉ちゃん、こんなおパンツ穿いてたんだ……」

     女の柔らかくも深い肉裂…には、汗に流れてホコリや垢が溜まりやすいし、そこにショーツが食い込んでくるとはいえ……しかも体育の授業やライブの練習もあれば尚更だ。
     だが、そこにはそれを考えても上回るほどの惨状が濃い染みとなって残されていた。


     若々しくも思考が追いつかない女子高生の青春を受け止めたショーツは、1日も持たずに力尽きてしまったのだ。


    妹ヤンデレ2につづく



    ぽわっとした天然の姉のショーツのシミ……。
    それを見つけた憂は……?


    デッドラインが決まったので、次の更新はちょっと先になるかも知れないです。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    面白くて、次がどうなるのか楽しみです。
    あと、題名が凄いですね・・・
    お体にお気をつけて、次回も楽しみにしています。

    そういえば、次回の本は、何時ごろ発売で、どのような感じなのでしょうか?

    読んでいただきありがとうございます。
    タイトルは美少女文庫の「お兄ちゃんのこと、好き好き大好き好き」からインスパイヤされたので使ってみました。

    次回作ですが、応援バナーを左側に張っておきましたが僕と契約して~のゲーム版でシナリオとして参加させていただきました。
    これからサンプルCGなどのコンテンツも充実するらしいので、是非覗いてみて下さい^^

    紙の本はまだちょっと先のことになりそうですが、ブログはチクチク更新していきたいのでよろしくお願いします。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/254-9d1b8d3a
    ブログパーツ