レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    下巻は6月30日に発売決定!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。

    【けいおん・澪】失態の連鎖4

    けいおん!! の二次創作小説。

    澪最終話。
    お腹を冷やしてしまった澪はなんとかトイレへと辿り着くけど、全室故障中で……というのはもはや様式美と化しつつあるかも知れない。
    そんな話。

    前回のおしっこおもらしはこちらから


    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
     ぶちゅ!
     ぶりゅりゅりゅりゅ!!

     澪のスカートの中から、耳を疑わんばかりの、下品でくぐもった炸裂音が響き渡った。
     限りなく深体温に近い下痢便。
     水と未消化物が混じり合い、ドロドロとした体内で一番熱い流動体が、一瞬にしてショーツの中へとぶちまけられた。


    「熱い……熱い……よぉっ!」
     まるでお粥だった。
     グツグツと土鍋で煮込んだものを直接ショーツの中に流し込まれているかのような。
     ニュルニュルとした感触にお尻を撫で回され、秘裂にまで食い込んでくる。

     澪のスカートが、立ったままだというのに一回り大きくなった。
     もこもこと止めどなくヒップラインが膨らみ続けていく。
     もう、取り返しのつかないほどの手遅れ……。


    「熱いの……イヤッ! ……だめええぇぇえ!!」
     それはもはや哀願。
     悲鳴のような哀願だ。
     それでも水溶便は、柔尻から容赦なく噴きだしていく。

    「おぱんつの中に熱いのがヌルヌルしてぇ……もうダメなのに……ダメなのに……うんち止まらない……お願いだから止まってよぉ……」

     ブジュルルルルルルル!!

     そんな哀願も虚しく、澪のアナルからはお湯が噴射され続ける。
     漏らし続けられたショーツから水溶便が濾過されて滲み出してきていた。
     プツプツとボーダーショーツに茶色いまだら模様ができたかと思うと、ジワジワと大きくなっていきお尻全体を覆い隠していく。

    「ンッ、あぁ……あつ、熱いのがぁ……っ」



     スカートから伸びる太ももの内側に、幾筋もの黄土色のせせらぎが瞬時にできあがった。
     ショーツで濾過された100パーセントのお湯……それが内股を伝い落ちていく。

    「イヤなのに……く、くすぐった……っ」
     陵辱に耐えることばかりに集中している澪は、座ることさえも忘れている。
     その間にも黒ソックスが汚辱され、白かった上履きが茶色く染められていく。
     上履きの中に入り込んだ水溶便が、身震いをするたびにネチャネチャと音を立て始めた。


     一瞬にして澪の下半身は下痢によって汚辱されてしまったのだ。
     それはさっきまで間違いなく少女の身体の中に収まっていたもの……それを我慢に我慢を重ねた末にぶちまけてしまった。
     パンツを降ろすことさえもできずに。


     ショーツがもっさりと重たかった。水分だけがせせらぎを作ってるとはいえ、未消化物は濾過されてショーツ内に溜まっていく。
     触って確かめたかったけど、そんなことできるはずもない。
     今頃は尻の輪郭さえも分からぬほどにモコモコに膨らんでいることだろう。

     学校でうんちを漏らしてしまった。
     しかも下痢。

    「うぅ、お腹……痛いよ、痛いよぉ……」

     ブジュル……ニュルニュルニュル……。
     ムチ……ベチャッ!

     ついには、ショーツの足口から濾過しきれずに残っていた未消化物がはみ出してきたではないか。
     ヌルヌルとトコロテンのように形を歪めながら絞り出されていく。
     そんな澪に更なる陵辱が待っていた。

    「前は……前はだめぇ!! 熱いの前に入って来ちゃだめぇ!!」
     押し出されてきた未消化物が秘裂に食い込んできたのだ。
     咄嗟にしゃがみ込んでしまうもののお腹が圧迫されるのは当然のことだった。

     ブボボボボ……ムチムチムチッ……!
     ……ズル、ベチャッ!!

    「んああっ!! も、もうだめぇ……」
     パンツを履いたままだというのに和式便器に座ったかのようなポーズになってしまったのだ。
     スカートの裾から茶色い塊がボトボトと落ちてきて、アンモニア臭の混じった排泄物の香りがプンと満ちあふれる。

     ブリュリュ!
     にゅるるるるるるる!! ……ブポッ!

    「アヒィ……もう、許して……イヤだよぉ……っ」
     内股を、
     黒ソックスを、
     上履きさえも黄土色下痢便に染め上げられて、

     そして大きな汚れた水たまりを作り上げ……。
     澪はショーツの内側にお粥のような下痢を漏らし続けることしかできない。


     ただ、そんな澪の丸められた背筋には黒髪が散り、ビクビクと官能的に痙攣を続けていた。


    おしまい。


    そして梓のいたずら猫の秘密1につづく



    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/252-9d0023c1
    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。