レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。

    【けいおん・澪】学園アイドルの失態2

    けいおんの澪・小おもらし編。


    閉じたトイレのドアの前で我慢の限界を迎えてしまい。
     
     
     
    この小説を最初から読む! 
     
    「うぅ……はぁっ」

     ジョッ!!

     我慢していたぶんだけ、澪の意思に反して失禁の勢いはすさまじいものがあった。
     一瞬にしてしてしましまパンツは温水で満たされた。
     直後には、


     ジョボボボボボボボボボ…………。


     圧倒的な質量を伴った、くぐもった水音がショーツの中に溢れかえる。


     せめてこれをトイレで、パンツを脱いですることができたらどんなに気持ちよかったことだろうか?
     しかしそれは許されず、澪はトイレに入ることすらもできずにおもらしをはじめてしまったのだ。

     失意にパンツの中が、温かくなった。

     それを止める術は今の澪にはない。
     ただ、膨らみきった膀胱の緊張を解いていくしかないのだ。

     立ったまま、スカートが汚れないようにとお尻を後ろに突き出して、肩幅に足を開いて……、

     スカートの内側からレモン色の滝が出現した。


    「すぅん……」
     捨て猫のような声が鼻から漏れた。
     それでも澪はおもらしを止めることはできない。
     一度溢れ出してしまったら、すべてが手遅れなのだ。



     バシャバシャバシャ!


     お尻から落ちてきたおしっこは盛大な瀑布を作り上げると、そこからアンモニアの飛沫が飛び散る。
     せめて上履きを汚さないようにと足を開こうとするけど、


    「そ、それはダメ、だっ」
     内股をくすぐられる感触に、とっさにしゃがみ込んでしまった。
     染み一つ無い、陶器のような内股に、レモン色の筋が幾重にも重なっていたのだ。
     立ったままだと、黒ソックスまでも汚してしまうことになる。


     だけど慌ててしゃがんだのが良くなかった。
     その瞬間、


     プシャアア!!
     ショーツの二重布を突き破って、勢いよくおしっこが噴射されてしまった。
     その距離、2メートルはあるだろうか?
     床に残った一筋のおしっこ……それは子供のころ、男子たちが立ちションを遠くにまで飛ばそうと競争していたどんな距離よりも遠くに飛んでいた。
     ……パンツを履いたままだって言うのに。

     我慢に我慢を重ねて決壊したおしっこは、いとも簡単にクロッチを突き破ってしまう。
     どんなに恥ずかしがり屋な少女であっても、太く短い尿道ではちょっとでも力を抜いてしまえば遠くに飛んでいってしまうのだ。



    「うっ!!」
     あまりのおしっこの飛沫に、自分自身で驚いてしまう。
     女の子の恥ずかしい染みを隠すための二重布……クロッチに弾かれたおしっこは澪の秘裂を卑猥な手つきで撫で回すと、筋の奥深くにまで流れ込んでくる。

     そのくすぐったさに耐えていると、やがて秘裂の終着点……アナルまでも撫で回していき、お尻の双丘からポタポタと生温かい雫が溢れ出していった。


    「温かいのが……嫌なのに、嫌なのにぃ~……」
     歯を食いしばり、ギュッと目を瞑って……その目尻には、一粒の涙が生まれつつあった。

     しかし残酷な生理現象は続き、澪をアンモニアの海へと沈めようとする。
     そんなときだった。

     ころ、コロコロコロ…………。

    「な、なに……?」
     なんの音かとふり返ったら思ったら、大量のおしっこがタイルに溢れ、パイプから排水されている音だった。

     あまりの情けなさに目尻に涙が溜まる感触。
     高校生にもなって学校でおもらししてしまうなんて。
     惨めな気持ちに押しつぶされて泣きたくなってしまう。
     それでも、

     シュウウウウゥゥゥ………

     澪のしましまパンツからはおしっこが無慈悲にも溢れ出していた。
     せめて、スカートが汚れませんように。
     願いながらスカートを捲りあげる。

     パンツは……もうこんなに汚れてしまったら手遅れなのだ。
     どこか諦めにも似た感情に負けて、澪は股間の力を抜いてしまう。


     シュイイィィィィィイイイイイ………。

     秘裂に張りついたショーツから、勢いよくおしっこが溢れ出してきた。
     躊躇いからかピクピクと小陰唇がケイレンしてしまう。
     それでもおもらしは止まることはなかった。


     個室のドアの前で背中を丸め、スカートを捲りあげ……。
     パンツを脱ぐことができなかった澪の失禁が終わるのは、たっぷり5分後のことだった。


     頬を伝い落ちた涙が、おしっこの湖へと消えていく。
     そんな澪のしましまパンツは、早くも冷えはじめ、ヒクヒクと痙攣しているふっくらとした秘裂を浮き上がらせていた。


    学園アイドルの失態3につづく


    けいおんのおもらしものというのは需要があるのか分かりませんが、ついカッとなって書いてしまいました。
    自分のできることをコツコツと積み上げていきたい。



    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    面白かったです。
    そういえば、次の本は、いつ発売で、どの様な、感じでしょうか?とても、楽しみにしています。
    お体にお気をつけて。

    楽しんでいただけて幸いです。
    次回作ですが、早ければ初夏頃と聞いています。
    内容としましては現状では『妹もの』で、甘々&コミカルになりそうな予感がします。まだ確定ではないのでなんとも難しいところですが。

    けいおんも良かったですよ。
    僕の好みな小説いつも楽しませてもらってます。
    これからも頑張ってくださいね。

    読んでいただきありがとうございます!
    けいおんでおもらしなんてさせたら怒られるんじゃないかと思ってビクビクしていました^^

    これからも時間を見つけてチクチクと更新していきたいです。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/229-38d6719d
    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。