レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold02_blogside.jpg


    Hold01_blogside.jpg
    暑くなるまでには出したいです。



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    おむつ少女50

    まだ両親が帰ってこない、小町のマンションの一室へとやってきた2人の巻。


    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
     小町のマンションには、もうすぐ日が暮れそうだというのに誰もいなかった。
     周りの窓からは明かりが漏れているというのに、そこだけ真っ暗だ。
     誰かいたらどうしようかと緊張していた加奈だけど、誰もいないと逆の意味で緊張してしまう。

    「わたし鍵っ子なの。お父さんとお母さんが帰ってこないうちに綺麗にしよ?」
    「う、うん……」

     なんとか頷くけど、加奈のおむつのなかには、小町がおもらししてしまったうんちがまだ生温かくて、それはデリケートなお尻をねっちゃりとむず痒くさせていた。

     早く触らないと気がおかしくなってしまいそう。

     扉が開いたというのに加奈が立ち尽くしていると、

    「ほら、加奈ちゃん、遠慮無くあがってね」
     小町に手を引かれて、
    「あうっ」
     つまずきそうになって「くうんっ!」
     犬のような鳴き声が鼻を抜けてしまった。
     さっきまで大好きな女の子が穿いていたおむつは、熱く蒸れかえっていたのだ。

    「……加奈ちゃんも、気持ちよくなってるの……?」
     問いかけに、こくりと無言で頷く。
     すると、
    「わたしも加奈ちゃんのスパッツ穿いて、気持ちよくなっちゃってるの……さっきからおまたからイケナイおもらしが続いてて、内股がむず痒くなってて……早く一緒にお風呂でキレイキレイしよ?」
    「うん……」


     それでもさすがにそのままお風呂に入るわけにも行かずに、名残惜しいけどいつまでもおもらしした下着を着けているわけにもいかなかった。

     トイレにはいると、ゆっくりと紙おむつをおろしていく。
     おむつの裏側には、小町ちゃんのうんちに、加奈のおまたの輪郭が刻み込まれていた。
     柔らかい白熱電球の明かりに浮き上がっている。

     その加奈の無毛のおまたは、小町を求めるかのようにぽってり、とほころんでいた。

     すーっと深呼吸すると、身体の中に小町ちゃんの匂いで満たされていくようで、しばらくそうしていたいと思っていたけど……、

    「加奈ちゃん? おむつ、脱げた?」
     いったいどれだけの時間が経ったのだろうか。
     心配げにドアの外から声がかかった。

    「ごめん、今でるね」
     鍵を開けると、加奈が個室から出る前に小町が滑り込んできた。

    「えっ?」
     加奈が驚いていると、「えへっ」イタズラっぽく微笑む。
     既に服は脱いでいて、残りはスパッツだけの半裸だった。

    「わたしも脱ぎ脱ぎするの」

     ぴっちりと密着しているスパッツは濡れそぼっており、中々脱ぐのが難しそうだった。

    「むっ……ふぅ……っ」
     小町の熱い微かな鼻息が個室に満たされる。

    「むず痒いのが気持ちいいけど……これから加奈ちゃんと一緒にお風呂は入れるんなら……」

     内股に茶色い筋を残しながらも、小町はスパッツを脱ぎきった。

     ショーツの中……。
     そこには加奈が下剤でおもらしした柔らかうんちに、小町の縦筋がくっきりと刻み込まれていた。
     そのうんちを、
    「えいっ」
     手慣れた風に逆さまにすると水洗トイレに落とす。


     みると、小町の縦筋は前の方までベッタリと茶色いペーストに覆われていた。
     しかしそれでも、おまたがぽってり、赤らんで開いているのがよく分かる。


     加奈のおまたもぽってりと開いている……。


    「もう、我慢できないよ……お風呂湧いてるよ? さあ、一緒に綺麗にしよう、ね……?」
    「わたしも小町ちゃんのおまた、綺麗にしてあげたいの……」

     こうして二人はよろめきながらも、手を取り合って浴室の扉を閉めた。


    つづく


    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    なげぇ・・・
    何時まで続くんだ・・・

    ああ
    ここの小説見る度に思うんだが






    最ッ高だな

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    残念お嬢様、買いました。
    とても面白く、ワクワクしました。
    次の本は来月だそうで、とても楽しみにしています。
    必ず買わせていただきます。
    これからも、たくさん本を書いてください、応援しています。
    お体におきおつけて。

    素晴らしい

    続き、期待しています

    心が折れかかっていましたが、細々と続きを考えていくことにします。
    ただ、いろんな事情があって更新は先になってしまいそうですが…。

    頑張って!!

    ごめんなさい、
    このシリーズの続きを書くと怒る人がいるので記事を開くのも怖かったりします…色々拍手メッセージとかで…。

    ほとぼりが冷めて、心の整理がついたら続きを書きたいと思いますので申し訳ないですがあまり期待せずにいてくれたら幸いです。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    そして一年と七ヶ月経ちましたよ?

    間違えた。三年と七ヶ月だ。

    >雅ん様

    やはりこの作品を書くと怒る人がいるので、僕にとって思いだすのも精神的にツライ作品になってしまってます。

    ですので申し訳ないですが、最近書き始めたオリジナル小説のほうでどうかお許し下さい。

    ええ~…
    凄い楽しみに続きまってたのに……

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    続きを………求む………

    つづきは……怖い人達がいなくなったのが分かったら書きたいところですが……

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/225-e9775a3f
    ブログパーツ