レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold02_blogside.jpg


    Hold01_blogside.jpg
    暑くなるまでには出したいです。



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    おむつ少女47

    小町、汚れたスパッツを穿くの巻。

    気がつけばずいぶん間が開いてしまいました。ごめんなさい。
     
     
     
    この小説を最初から読む! 
     

     
     
     
     
     小町はスパッツの腰ゴムを広げると、中を覗き見てみる。
     スパッツで暗くてよくは見えないけど、厚手の女児ショーツにはべったりとしたペースト状の下痢が張り付いていて、白いところを探してもどこにも見あたらないほどだった。

     お尻のところにはべっちゃりと落ちた固まりが飛び散っていて、さっきまで加奈のおまたに当たっていたであろう部分には縦筋の型さえも浮き上がらないほどのドロドロの柔らかさだった。


    (あうぅ……加奈ちゃんのおもらししたうんち見てたら、なんだかどきどきしてきちゃった……)


     それにおまたもムズムズしてきてしまう。
     どきどきが激しくなるにつれて、おまたのムズムズも強くなってきてるみたいだった。


     頭も、なんだかポワッとなって気持ちいい。
     今なら、何でも出来るような気がした。


    「加奈ちゃん、わたしが家まで持って帰ってあげるからね……? そうしたら綺麗に洗おう?」

     上履きを脱いで、汚れきったおむつも外す。
     小町は自らの下痢で汚れた性徴期前のお尻を拭くこともせずに、スパッツに右足を通していく……。


     ぬる……っ
     ぬるる………


     下痢はショーツの足口からはみ出してスパッツの内側にまで張り付いていた。
     スパッツを上げていくにつれて、小町の柔らかいふくらはぎは下痢に汚されていく。
     ぬるぬるとした下痢が内股にまとわりついてきて、

     しかしその感覚を、小町は気持ち悪い、とは全く思っていなかった。
     むしろ、

    「あぁ……加奈ちゃんのがぬるぬるして……気持ちよくなってきちゃった……」



     このとき、加奈はおろか小町でさえも気付いていない。
     スパッツを少しずつ上げている少女の、茶色く汚れている幼い縦筋が、ピクピクと痙攣し、透明な愛液を漏らしていることを……。

     クシュクシュに縮められたスパッツに両足を通すと、小町はその両脇を掴みスルスルと少しずつ上にあげていく。

     ヌメヌメとした下痢が膝、太もも……その内側にまとわりついていき、極太の筋を内股に残していく。
     そしてついに……、


    「あふっ」
     おまたと下痢おむつが触れると、何とも言えない感触に思わず鼻から息を漏らしてしまった。


     小さな胸が、どきどきと振動していて破裂してしまうそう。
    「止めて……汚いよ……」
    「加奈ちゃんのお漏らし……汚くなんて、おもってないよ。むしろ加奈ちゃんのおもらしショーツを穿けるなんて幸せ者だよ。なんだか加奈ちゃんと一緒になれた気がして」

     言い残すと、


    「んっ」


     小町はなんの躊躇いもなく、スパッツを上げて見せた。


     ぬちょっ、
     ニュルルッ!


     くぐもった接着音が個室に響く……が、
     小町はそれでは足りないと言わんばかりにスパッツを上げ続けている。


    「あっ、ああぁ……加奈ちゃんのがおまたの中にぃ……いっぱい入り込んできて……熱いッ」


     それでも上に、上に、上に上げていき……下痢おむつと化していたスパッツに、幼い縦筋が浮き上がり、茶色い汁うんちが滲み出してきた。

     筋はかすかに震え、茶色い下痢に加えて、気のせいか透明な液体も滲んできてるようだった。

     おまたの中のつぼみが、ピリピリ擦れて気持ちいい。


    「ピリピリッ……!
     あぁ……加奈ちゃんの、加奈ちゃんと一緒になれて……からだが熱くなってきて……あっ、あっ、ああああああぁぁぁぁ……」


     小町はうつろな瞳で虚空を見つめると………、

     ぶぽっ!!

     全て漏らしたと思ったうんちが噴き出してきて、それと同時におまたが切なげに痙攣し……小町は果てた。


     ふわっと身体が浮き上がったような気がする。
     だけどそれは気のせいで、実際には膝の力が抜けて思いっきり尻餅をついてしまっていた。


    「んんほぉっ」
     声にならない声が喉から漏れてしまい、しかし身体はうまく動いてくれない。


     べちゃっ、
     尻餅をついてしまったお尻から前の方に下痢が押し出されてしまい、おまたの筋の全部を包み込んでくれた。


     暖かい……と思ったらジョボジョボとおしっこを漏らしていた。茶色く生暖かいおしっこがお尻に広がっていくけど、今はただひたすらに心地良い。

     こんなにも加奈ちゃんに近くに包んでもらえているのだから。


    「加奈ちゃんのうんち……すごく柔らかくて、熱くて、気持ちいいよ……」


     内股を下痢に汚した小町はピリピリと心地良い痙攣に身を任せ、厚く膨らんだ恥丘に手を当てて、とろけそうな笑みを浮かべた。


    おむつ少女48につづく



    気がつけばずいぶん間が開いてしまいました。ごめんなさい。
    楽しんでいただければ書いた甲斐があるというものです…。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/211-73c72935
    ブログパーツ