レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    下巻は6月30日に発売決定!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。

    重たいかぼちゃ16

    クララのかぼちゃぱんつ最終回。

    もこもことブルマをカボチャのように盛り上がらせてしまった少女に埋め込まれた『種』が、腹を破って発芽するのかしないのか。
     
    リョナ&グロが嫌いな人は注意(笑) 
     
     
     
    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
    「な、なに……?」

     クララが自らの体の異変に気づくまでに、そう時間はかからなかった。

     排泄欲という原始的な欲望をブルマの中に放ってしまった今、背徳的な心地よさを感じてしまうのは当たり前のことかもしれないけど……、

     きゅんっ、

    「はうっ!?」

     きゅん、きゅんっ……!

    「えっ、う、う、うそ……!」

     おもらしをしてしまっての快感なら分かる。
     しかし、身体の内側から込み上げてくる、この快感は……?


     クララは思いだす。
     寄生蜂は、獲物であるクモに卵を植え付けるときに、苦しみもがいて抵抗されないように毒で身動きをとれないようにするらしい。


     もしや、身体に埋め込まれた冬人夏草も、これと同じように宿主から無用の抵抗を受けぬために、快楽を与えるのだとしたら……?

    「い、いやぁ……」

     だとしたら、ここで快楽を貪ろうものなら……そして絶頂など迎えようものなら、それがスイッチになって発芽するなんていうことも十分にあり得る。

    (は、発芽……)
     その単語がネガティブな少女の胸の奥底に暗く響き渡る。それはつまり、死ぬということだ。

     その暗い思考とは裏腹に、脳内には快楽物質が無尽蔵に分泌されて、少女の身体を熱くさせていく。


     チリチリと厚手の体操服にこすれる乳首が痛い。
     陰核が剥けきったのか、ブルマの中のうんちとこすれて痛かった。


    「はぁ! はぁ! あひぃ……っ」
     静寂に包まれた森の中でクララの興奮した吐息が響き渡る。


     立たないと……、
     立たないといけないのは、十分に分かっていた。
     しかし5キロもの欲望を受け止めたブルマはクララを責め立てるかのように重たく沈み、快楽におぼれかかっている膝頭はブルブルと震えて思っているように力が入らなくなっていたのだ。


     少しでも痛みを和らげようと乳首に当てられていた指はギュッと深くめり込み、自らの堅い排泄物で作り出した椅子に座ってクリトリスを刺激し……。

    「はぁ……はぁ……はあぁ……っ! はふんっ!」
     意志とは無関係に、クララの頬が桃色に染まっていく。
     キーン、と耳鳴りもしてきた。
     身体が、絶頂への階段を一段ずつ登っている何よりもの証……。


     そんな時だった。クララが我が目を疑ってしまったのは。
     厚手の体操服に覆われたお腹の部分が、モコモコと内側に芋虫が這っているかのように蠢きだしたのだ。
     何事かと思い恐怖に駆られて体操シャツをめくりあげてみると……、




    「い、やあああああああああああっ!!」



     痛みは、何も感じなかった。
     ただ、強いて言うのならばくすぐったさにも似た感触がするだけ……。
     それなのに。


     月明かりに浮かぶ、ぷっくりとしたお腹が、皮下脂肪ごと内側から押し上げられているではないか。
     グニグニと皮膚の内側で巨大な芋虫がうねり、皮膚を突き破ろうとしている。
     明らかに激痛を伴わなければおかしいのに……しかしクララの身体はむしろ快楽に支配されつつあった。


     ギュッと両胸に指をめりこませ、
     盛り上がったブルマを地面に擦りつけて快楽を貪ろうとしている。
     それでも残された最後の理性では逆のことを考えていて……。


    「い、い、いいいぃっ」

    「いきたく、いきたく、いきたくないぃ!」

    「き、気持ちイィ……イヤぁ……しにたく、死にたく、死にたく……なっ」

     ぞく、ぞくぞくぞくっ!!

    「だ、だめぇ……っ、いっちゃ、いやあああああああああ!!」


     ぴく、ぴく、ぴくくっ……………!!

     絶頂感を少しでも抑えようと、背筋を丸めて、クララは達した。しかしそれでも、
     
     プシュッ、プシュ………ッ!
     分厚いブルマからはくぐもった水音が溢れ出て……。


    (やだ……わたし、逝っちゃった、こんなにうんち漏らしちゃ……っ!)




    「ごぱっ」
     クララの喉から水っぽい声があふれ出して、辺り一体にビシャビシャと何かが弾ける音が聞こえると……それっきり森は静けさを取り戻した。


    *      *      *


     漆黒の闇に包まれた森に、フクロウのように音もなく人影が舞い降りた。夜風にマントをたなびかせた人物……それはアメリアだった。

     降り立ち、足下に転がる物を一別して顔をしかめる。
     周囲の草木には赤黒い血しぶきが桜の花びらのように散っていて、そこかしこに肉片も見つけることができた。


     それは、濃密な腐敗臭をまとって横たわっていた。
     花火の中心で冷たくなっている少女……クララは、自らの胸に指を食い込ませ、女の子座りをしてそのまま仰向けになったかのような、苦しいポーズで息絶えていた。
     それなのにどこか恍惚とした表情のまま動かなくなっているので、ひどくアンバランスに見える。



     体内で起きた凄まじい爆発。
     それはへその内側から腹を破き、腸が放射線状に弾け飛ばしていた。
     皮膚がはじけ飛び、あばら骨が剥き出しになっている。


     こうして冬人夏草は発芽するのだ。

     アメリアは、クララのへその内側から生えている一本の植物を見下ろし、満面の笑みを浮かべた。

     少女の血を吸ったかのような深紅の大輪を咲かせているのは、手のひらほどの大きさのチューリップだった。


    「うふふ、購買の人気商品がこういう風に作られているだなんて、みんながしったらどう思うかしら?」

     根っこごと引っこ抜くと、内蔵まで絡んできてしまうけどきれいに取り除いてやる。すべて取り除くとアメリアは厳かに呟いた。

    「ザオリク!!」


     すると見る間にクララの腹の傷は癒されていき、赤黒く汚れていた体操服も白かった頃に戻っていく。


     すーすーと安らかな寝息を立て始めたクララだけど、恍惚とした表情は消えずに頬を桃色に染めて、

     ぴくんっ、ぴくくんっ……!

     歪な痙攣は続くのだった。

    「あなたが見ていたのは怖い夢。安らかに眠りなさい」




    重たいかぼちゃ、おしまい。

    気がついたらQMAシリーズで一番長い作品になってしまいました。
    ここまでおつきあい頂きありがとうございます。


    便秘って書くのが難しいですね…。
    しかしその分、苦しむ姿を描けた……はず。

    お楽しみいただければ、これ以上嬉しいことはありません。


    さて、次の更新はいつになるのだろうか。
    この筆が絶えないように細く長くがんばっていきたいものです。




    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    破裂は趣味じゃないですが、膨腹は大好きです。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/210-186ea0ca
    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。