レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    重たいかぼちゃ14

    かなり久しぶりの更新。

    1ヶ月分の硬質便で盛り上がったブルマは、かぼちゃのようになってきて・・・
    そんなわけで、書いている本人が忘れる前に書き上げたい所存です。


    この小説を最初から読む!
     
     
     
     

     バサバサバサッ!!


     網の目のように張り巡らされた小枝に引っかかりながらも、何とかホウキを操りながらクララは着地する。

     着地地点は下草の生い茂る森の中だった。

     体操服で来なかったら制服がダメになっていたことだろう。
     だけど、クララにはそんなことを心配している余裕なんて無い。

     そのブルマのお尻の部分は、ピンポン球ほどの大きさにもっこりと膨らんでいた。
     そしていまもモコモコと、確実に少しずつ大きさを増していて……。

    「あっ、ぐううううぅぅぅ!!」

     ミリミリ! ミチミチミチミチ…………!!

     着地した時のショックで下腹部に力が入ってしまいブルマがこぶし大に成長する。
     アナル自慰を日常的にしてきたクララでさえも、悶絶するほどの太さの硬質便だった。
     括約筋に力を籠めても千切ることさえもできなかった。


     今ここでしゃがみ込んで放つことができればどんなに楽になれるだろうか。しかし便秘少女の腹の中に埋め込まれた植物はそれを許してはくれない。


    *   *   *


     クララはホウキを地面につき、それに寄りかかるようにしてなんとか立とうとする。
     だけど身体の方は正直で、どんなに背筋を伸ばそうとしてもへっぴり腰になってしまった。

     その紺色のブルマに包まれたお尻は、歪に膨らんでいて……。


    「あっ、あっ、あっ……も、漏れて……漏れてるぅ……」

     どんなに少女の柔らかい尻で排泄を押しとどめようとしても、内圧には敵わずに少しずつ漏れ出してきてしまう。

     それでもクララは歩くことを止めなかった。
     自らの失敗にブルマが重くなってきて、硬質便がお尻にイガイガと刺さってきても歩くのを止めない。

     ミチミチミチ………プスッ………ミリミリミリ……


     地味だけど、人知れず努力してきた。眼鏡をかけてて大人しい子は勉強が出来るという周囲のプレッシャーもあって、その期待に応えるように、最低限のことはしてきた。

     もくもくと努力することは、クララは慣れっこだった。
     だからこうして諦めずに、少しでも前に進むことだけは止めたくない。
     それがどんなに苦しいことだとしても。

     一歩歩くたびに腸が破れそうな痛みに襲われ、その痛みから逃れようと身体が勝手に排泄してしまう。


     もはや紺色のブルマはグレープフルーツを詰めたかのように膨らんでいた。


     ホウキを杖のようにつき、身体を『く』の字に曲げて、へっぴり腰になりながらも一歩ずつ進んでいき……たったそれだけの行為にどんなに苦痛が伴おうとも、クララは足を止めない。
     一歩ずつ、進んでいく。

    「はぁはぁ、はぁはぁ、はぁ、はぁ…………」

     ミリミリ、ミリミリミリ…………

    「ひぃっ…………」
     股間を一瞥したクララは、思わず顔を引きつらせてしまった。
     ブルマをグレープフルーツのように押し広げているモノは、これ以上ブルマが伸びきらないと見るや、少しでも隙間があるほうへ……つまり、股間のほうへと広がりはじめてきたのだ。

    「あっ、あっ、あぁ……やぁ……」

     少しでも抵抗を……。
     だけどパイナップルの皮のような固さのものに股間のマシュマロを削られる痛みに、反射的にがに股になってしまう。


     内気な少女の下太り気味なヒップはもこもこと膨らみ続け、それはやがてカボチャのような形になろうとしていた。

     
     重たいカボチャ……それはブルマが腐敗臭を漂わせたかぼちゃぱんつになった瞬間でもあった。


    重たいかぼちゃ15につづく



    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/205-3ddeee9a
    ブログパーツ