レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold02_blogside.jpg


    Hold01_blogside.jpg
    暑くなるまでには出したいです。



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    アルテマ・リベンジ! 6

    かがみんのリベンジだったはずなのに、いつの間にか受けになってましたねーw

    これがツンデレ誘い受けってことでどうでしょうか。
     
     
     
    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
    もっちりとした胸の感触を感じながらこなたがつれられてきたのは、やっぱり女子トイレだった。
     帰りのショートホームルームを終えたばかりだと言うことで、かがみとこなた以外の女子生徒の姿はない。

     それもそのはず、ちゃんと理由があって……。


    『故障中』


    トイレの個室の全てに張り紙が貼ってあって、中に入れないようになっていた。


    「う、嘘……」
    「ちょ、かがみん、当たってる、あたってるぅ~」
    「当たってるって、……なにがよっ!」
    「ふっくらしたお胸が」
    「………!! 緊急事態なんだからそんなことどうでもいいでしょ! って、抱きついてくるなぁ……!」
    「こうすれば止まるかも~」
    「ちょ!」
    「あぁ……かがみんの太もも柔らかすぎるよ~……ちゃんとダイエットしてるのかえ?」


    正面から抱きついてきたこなた。
    子供のようなポッチリとした胸ばかりか、無遠慮に股間を太ももに押しつけてくる。


     きゅんっ………きゅんっ……



     太ももに感じてしまう、こなたの股間のときめき。
     既にそこは湿り気を帯びており、じんわりとした液体が太ももに染みこんでくると、奇妙な感覚にとらわれてしまう。汚されているはずなのに、それが気持ち良い……?


    「だ、だめっ」
     すぐに離れなくてはいけない。
     それは分かっている。分かっているのだけど……かがみはそこの感触を味わうかのように……はたまた今正に漏れ出しそうな生暖かい液体を止めようとしているのか……それはかがみ自身にも分からなかった。


     むにっ……っとしたそこに、思いっきり太ももを押しつけてしまったのだ。
     黒髪に覆われたこなたの背中に手を回してやり、小さな身体を引き寄せてやる。


    「おっ………ほぉ……かがみん、そんなに押しつけたら……っ」

     ビクンッ、
     こなたのお股のときめきに、太ももが柔らかく挟み込まれる。

     じわ……………ジョッ!


     生暖かいせせらぎが太ももを伝ってヒザの裏をくすぐり、ふくらはぎを流れ落ちていく。
     一筋……二筋……三筋……そこからは生暖かい感触に覆われて、何が何だか分からなくなる。


    「あっ、あっ、あっ、あっ…………
     もうらめぇ……かがみんの太もも、気持ちよすぎ……」


     くつしたに到達したおしっこはじわりと足首を生暖かく黄色く染め上げるとローファーの中に溜まっていく……。


     少しでも止めようとしているのか、微かに括約筋が痙攣した感触が伝わってきたのも一瞬。直後、こなたのお股は緩やかに決壊した。
     それはこなたが女の子として我慢することを放棄してしまった瞬間……。

     ぱたたたたた……………

    「はぁはぁ。もう我慢できない~……」
    「どうしても我慢できない、の……?」
     こくり……胸に押しつけるように、小さな首肯。「も、もう、あふれだしてきちゃいました……」
    「うぅ……こうなったのもわたしの責任だし……本当はこんなことやりたくないんだけど……」
    「えっ、かがみん?」

     押しつけられた太ももを離すと、、ジョッと勢いよくおしっこが出てきてしまう。

     それだけでも驚いて立ちすくんでしまったというのに……こなたはこの直後更に驚くことになる。

     なんとかがみんはスカートをめくり上げると、その中に頭を突っ込んできたのだ!



     スカートの中から、長い尻尾のようなツインテールが蠢いている……その光景を見て、驚きすぎておしっこが止まってしまったけど……ショーツの上から尿道をほぐすように柔らかく、温かいものが踊り出すと……何事にも代え難い快感に、思わずこなたはミニスカートで覆われたお尻を後ろに突き出してしまった。


     長時間押さえられたショーツの股間はすっかりレモン色の染みが出来上がっていて、微かにシワになっていた。

     女の子のスカートの中は蒸れ返ってしまっていて、顔を突っ込んでやるとアンモニア臭に鼻孔が満たされる。

     ヒクヒクと股間に貼り付いているショーツはツーンとした匂いを放っているけど、かがみは引き寄せられるようにそこに口を付けると……。

    (あぁ……こなたのおしっこの匂い……がまん、しなくていいよ……? わたしが全部飲んで上げるから……。
     わたしが、ここで肉便器になってあげる……)

     かがみ自身がもじもじと内股を擦り合わせながら、


     はむっ。


     ためらいがちにマシュマロのような股間に、吸い付くように唇をあてた。




    アルテマ・リベンジ7につづく


    次回、かがみんのインニョ。
    スカートの中で揺れるツインテール。


    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/204-b2bfdc3c
    ブログパーツ