レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    下巻は6月30日に発売決定!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。

    おむつ少女46

    下痢を漏らしてしまったスパッツの中は……

    そしてどうやってスパッツを持って帰ろうかと考えていると……。
     
     
     
    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
    「そうだよね……スパッツとショーツを捨てて帰ったら怒られちゃうよね……紙おむつならよかったんだけど……とりあえず脱がないと……1人でできる?」


     小町は手伝ってくれようとしたけれど、さすがにそこまでやってもらうのは悪すぎる。
     気を遣ってくれている小町のおむつの中には、加奈のためにわざと漏らした熱い排泄物でいっぱいなはずなのにこんなにも机上に振る舞ってくれているのだ。


    「一人で脱げるけど……あんまり見ないでね……?」
    「こんな狭い個室だと目、逸らせないよ。それにわたしなら気にしてないから。早く脱がないと、うんち、冷たくなって気持ち悪くなっちゃうよ?」


     小町の言うとおり、漏らしてしまって時間が経ったスパッツの中身は冷たくなり、お尻にまとわりついてきて気持ち悪かった。
     それでも恥ずかしいものは恥ずかしいのだけど……このまま穿いているわけにもいかないし。


     ついに観念した加奈は、ゆっくりとスパッツを降ろしていく。

     ゆっくりと、ゆっくりと……。

     伸縮性に富んだスパッツは、内股に茶色い爪痕を残しながら降ろされていく。

     ショーツの中は大惨事だった。
     べったりと茶色い下痢が、ショーツに張り付いていた。
     それは少女の肉筋の型をくっきりと浮き上がらせている。
     穿きこみの深い女児ショーツは背骨のあたりまで茶色いペーストに覆われていて、後ろの限界まで広がりきっている。



     後ろだけでは飽きたらずに、大量の下痢排泄物はクロッチを蹂躙し、後もう少し多かったらへそに達するほどに広がっていた。

     普通だったら大量の便は横からひり出されてしまうけど、ここまでショーツの中に溜まってしまった原因はスパッツだ。だけど後悔しても、もう全てが手遅れ。

     加奈のお股には、ショーツと同じものがべったりと張り付いているのだ。それはプニッとしたお股の全てを覆い隠すほどだった。



    「見ないで……汚いから見ないで……」


     こうして太ももの中程まで降ろしたときだった。

     べちゃっ!

     ぐちゃぐちゃになっているショーツに、更に便の塊が落ちたのだ。

    「も、漏らしてない! 漏らしてないのに! なんでよぉ…‥」

     加奈の尻についた下痢が重力に耐えきれずに落ちてきただけのことだったが、勢いよくショーツに落ちた塊は茶色いしぶきを散らす。
     加奈の内股、そして小町のヒザにも……。

    「……あっ……ご、ごめんなさい……すぐに拭くね……」
    「いいよ、気にしてないから。それに、どうせ……」


     小町も茶色く汚れたおむつを一気にヒザあたりまで降ろすと、


     べちゃっ!


     尻についていたものが、おむつの中に落ちて茶色いしぶきを散らす。ちょっと柔らかめのうんちだった。


    「これで同じだね。ほら、早くスパッツ全部脱いじゃお? 綺麗にしてあげるから」


     こうしてなんとかスパッツとショーツを降ろしきり、汚れてしまった内股をティッシュで綺麗に拭ってもらった加奈だけど……ここからが問題だった。


     おもらしで服を駄目にしてしまったので、どうやって家に帰って言い訳しようか……。
     こんな短期間にショーツとスパッツが無くなれば、母親に詮索を受けることは間違いない。


     せめて、洗って綺麗に出来ればいいんだけど、学校でおもらし汚れを綺麗に出来るはずないし……。


     そんなしょんぼりとしている加奈を見て、小町は当然のことのようにスパッツを手に取る。


    「いいこと思いついたよ。

     『わたし』が、そのスパッツとショーツ、持って帰ってあげる」



    「えっ?」
     驚く加奈を尻目に、小町は下痢で重たくなったスパッツを広げると……。



    おむつ少女47につづく。



    モンスターハンタートライにはまってしまい更新頻度が…街★3に到達。自重したい。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/198-edbfa472
    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。