レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    下巻は6月30日に発売決定!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。

    おむつ少女45

    小町、加奈のためにおむつを穿いたままうんちおもらし。

    このシリーズも次で終わりかな……。


    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
    「ふ………………ふ、んんぅ~~………」
    「だめ、ダメだよ、小町ちゃん……」


     ぷっ
     ソプラノ調のおならがおむつの中から聞こえてくると……、


     プリプリプリッ…………

     おしっこのせせらぎの音と入れ替わりに、くぐもった可愛いらしい音が響き渡った。
     レモン色に染まっていた紙おむつに、だんだんと水っぽい茶色いシミが広がっていく。


    (あぁ……わたしのおむつ……加奈ちゃんに見られちゃってる……)
     きゅんっ、お股が勝手に痙攣してしまい力を入れるのを躊躇ってしまうけど、そこはなんとか我慢して……
    (加奈ちゃん、もっとわたしのおもらし……恥ずかしいけど……)

     ぷりぷり………ぷりゅっ!

    「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、」
    (あ、つぅいのが……お尻に広がって…………)

     いくら少女がおもらしに慣れているとはいえ、大好きな友達に見られながらの排泄にはやはり羞恥心を感じてしまっているのだろう。

     ぷるぷると震える頬はピンク色に染まり……それはきっとほっぺただけではない。
     もこもこと膨らみ続けるおむつから伸びている内股はほんのりと桜の花びらを散らしたように桃色に染まっていて、いびつな呼吸に合わせてピクピクと痙攣していた。
     羞恥心と背徳的な甘い感触に、少女のお股が震えているのだ。

     ぶりゅりゅっ、ぶちゅちゅちゅちゅ……、
    (あっ、あっ、あっ……少しずつ柔らかくなってるのぉ……下痢みたいなうんちがおむつに……ひぃ)

    「と、止まらないぃ……」
     止まらなくていいはずなのに、おむつを穿いたまま……しかも加奈に見られたままの排泄に反射的におしりがキュッと締まってしまう。
     しかし柔らかい下痢軟便は少女のぷりっとしたお尻の間をくぐり抜けてきて、少しくらいお尻を締めたところで無意味なことだった。

     ぶちゅっ、ぶちゅぅ……むりむりむりっ

    「ま、前にぃ! ……」
     その一言ほど少女のおむつの中で起こっていることを如実に表していることもないだろう。

     お尻のところだけで受け止めることができない下痢軟便が、前の方にまで広がってきてしまったのだ。

    (わ、割れ目にぃ……お股のなかに熱いうんちが食い込んで着ちゃってるのぉ! 熱い、熱いうんちが前の方に満たされてきて……)

     むりゅむりゅむりゅっ!

    「いいっ!? 熱いおもらし……止まらないい! 加奈ちゃんに見られながらおもらししちゃって気持ちよくなってるのぉ!」

     ぷりぷりと漏らし続けられている灼熱の下利便は、少女の幼いクレヴァスを蹂躙し、クリトリスはマグマのような流動体に埋め尽くされる。
     もはや、小町の頬が桃色に染まっているのは羞恥心だけではない。
     大好きなお友達に見られながらの排泄に、小町は確かに快感を覚えてしまっていたのだ。
     内側からこみ上げてくる喜びはヒクヒクと幼筋を痙攣させ、とろとろとした愛液までも分泌させる。

     だけど、幼い少女にはそのことに気づくゆとりさえもなく……
    「あっ、あっ、あっ、」
     ぷりゅ、ぷりゅりゅりゅりゅっ!

     水っぽく茶色いシミに、すっかり前の方までが覆われるころ……、

    「んっ、あぁ!」

     ぶぽっ!!

     ブジュジュッ!! ビチビチビチッ!!

     ブポポッ!!


     排泄に終わりが近づいてきているのだろうか。
     下痢に、空気が混じり出す。
     それは内気な少女の意志とは無関係に汚らしい音を立てておむつの中に撒き散らされていく。


    「はぁっ! はぁっ! はぁっ! はああああぁぁぁぁぁぁ………………!!!」


     ビチチチチチチチチ! ニュルルルルルルル!!


     ……………………………………………・………………………ブポッ!!


     最後に汚らわしい破裂音が響き渡り……こうして小町の公開おもらしは終わりを告げた。




    「はぁ……はぁ……はふぅん……。
     加奈ちゃん……わたしもうんちおもらししちゃったよ……おむつの中にいっぱい柔らかいうんち漏らしちゃったよ……
     前も、後ろも……ぐちゃぐちゃの下痢うんちでいっぱいで熱いよぉ……。
     これで、一緒だよね……?」

     おむつとスパッツ……。
     2人とも可愛らしくお尻を膨らませている少女はしばし見つめ合い……。



    「ありがと、小町ちゃん……なんだか無理させちゃって」
    「ううん。教室で加奈ちゃんがおもらししてくれたの、真似しただけだから、わたしなんて」
    「でも、なんだか慰められたよ。……だから、今のはわたしの気持ち」

     照れ隠しのように加奈は立ち上がる。

     むにゅ……。
     冷え切っているうんちが割れ目に挟まって気持ち悪い。
    「うぅ……早く脱がないと……でも、スパッツをこれ以上駄目にしちゃうとお母さんから怒られちゃう……」



    おむつ少女46につづく

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/192-8c4a3022
    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。