レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold02_blogside.jpg


    Hold01_blogside.jpg
    暑くなるまでには出したいです。



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    重たいかぼちゃ11

    まじめで不器用な三つ編み少女クララは、授業中に名指しされて立ったまま公開おもらしを始めてしまう。

    かわいそうで不器用な少女だけど、だがそこがいい。
     
     
    この小説を最初から読む!
     

     名指しされてしまったクララはゆっくりと立ち上がった。

     本来ならばおもらししたおしっこはショーツを透過して落ちていくはずだが、今のクララの股間には失禁パットがセットされている。

     立ち上がるとおしっこを吸収した失禁パットが質量を帯びているようだった。


    (やだ……少しでも乱暴に動いたら溢れてきちゃいそう……で、でもぉ……)

     ここはばれないように振る舞わないと……。

     それでもクララは耐えきれずに内股になってしまう。
     じゅわっ……パットからおしっこが滲み出してくる感触。
     思っていたよりもその量は多かったらしく、ショーツに染みだしてきて内股がくすぐったくなってしまう。

    (いや……ばれちゃう……)
     今まで椅子に押しつけていたからちょっとは我慢できていた。
     でも立ってしまった今では、少しずつ我慢しきれない生暖かい液体が柔筋から漏れ出してきている……。

     
    「はぁ……はぁ……はぁ……」
     我慢のしすぎでお股の感触が無くなっていた。膝頭も震えて普通に立っていることもできない。

     そんなクララに、アメリアは容赦なく言い放った。
    「連想クイズよ。ヒントは4つだから、慌てずに問題は最後まで聞いてね」

    (よ、寄りによって連想クイズ……最後まで問題を聞かないと……)


    「ヒント1:『風と光とニ十の私と』」
    「ヒント2:『夜明け前』」
    「ヒント3:『不連続殺人事件』」
    「ヒント4:『堕落論』『白痴』」


    「さあ、このヒントから連想できる作家は?」



    「えっ……」
     切迫感に頭が一瞬真っ白になってしまう。
     連続殺人事件? 夜明け前? 海外の推理作家だろうか? 
     いや、でも堕落論はどこかで聞いたことが……はぅっ!

     不幸だったのは、クララは尿意を我慢するあまり頭が回転していなかったことだ。
     普段なら分かることでも、切羽詰まった少女にとって、一度忘れてしまったことを思いだすのは酷なことだった。



    (も、もう……き、………………き)
     気持ちいい。
     尿意を我慢するあまり、膀胱は絞めつけるように痛いはずなのに、一瞬だけ尿道が緩んだときの軽失禁に脳が快感を覚え始めている。


    「く、くうううぅぅううう~~……」
     歯を噛みしめ、切なげな声が漏れた。もう、トイレまで歩くことさえも出来ない。



    キュン、キュンキュン……ッ
     切なげに秘裂が痙攣すると、プシュッと潮を吹くようにおしっこが噴き出す。

     プシュッ……プシュッ……

    「あぁ……もう……」
     もう……ダメ……

     ふっと偽りの快感に、ほんの一瞬だけ身を任せてしまった。それはクララの心が折れた瞬間だった。

     じょ……じょぼぼぼぼぼぼ………

     内気で不器用な少女は、授業中に立ったままおもらしをはじめてしまったのだ。

    (あぁ……で、出てきちゃってるぅ……パットが生暖かくなってぇ……い、いやぁ……)

     幸か不幸か、漏らしだした生暖かい液体は失禁パットに吸収されて、端から見れば、クララは恍惚とした表情を浮かべて、ボーッとしているようにしか見えなかった。

     だけどそれも時間の問題。

     じょぼぼ………
    ぷっ、しゅいいいいいぃいいいい………

     我慢し続けられていた女の子のマシュマロの間から溢れ出すレモン汁は止めどなく溢れてきており、その全てをパットで吸水するのは不可能だった。

     そしてそのときは突然訪れ………。


     ぱた、ぱたぱたぱた………


     内股で立っている少女の床に、大量の雫がこぼれ落ち始める。
     漏らしはじめではない、本格的におもらしが勢いづいた……言うなれば、それはダムが決壊するのに似ている。

     失禁パットによってせき止められていた水流が一気に流れ落ちてきたのだ。


     ぱた……ぱたたたたたた………
       じょぼぼぼぼ…………しゅううううううう………


     ショーツの脇から、生暖かい水流が決壊し、柔らかい内股を幾筋にも枝分かれしてくすぐっていく。

     靴下も、靴の中にも生暖かい液体で満たされてその中でさえも一杯になると、床に広がっている水たまりと合流しクララは更なる恥辱の海へと沈んでいくかのようだった。


     周囲がクララのおもらしに気付き始めた。
     無理もない。教室では有り得ない濃密なアンモニア臭が漂っているのだ。
     そんなクララに、アメリアは妖艶な笑みを浮かべて言い放つ。

    「あら、クララちゃん、この年になっておもらし?」
    「い、いやぁ……」

     かくり、
     カクカクと自らのおもらしを笑っているヒザにつられてクララは脱力してしまった。

     ぐじゅっ
     パットから新しい液体がはじけ飛ぶ。


     そんなクララを更なる悲劇が襲った。
     勢いよく座ってしまった少女の身体を、椅子は受け止めることは出来ずに……そのまま後ろへと倒れてしまったのだ。


    「あぐぅ!」
     けたたましい音が教室中に響き渡り、クララは後頭部を思いきり打ち付けてしまう。鼻の奥に血の臭いを感じたのも一瞬。クララの視界は赤から黒へと転じ、少女の意識は閉ざされた。


     後に残るのは、まんぐり返しの状態で気を失ってしまったクララの身体……気絶して緩みきった括約筋からは止めどなく汚水が溢れ続け、スカートが捲れ上がって丸見えになっているショーツはレモン色に染まり……そこにはびしょびしょに濡れて力尽きた失禁パットが無惨にも会陰付近に張り付いている。


     ぷしゃああああああぁぁぁぁ…………


     せめて気絶できたことが幸福だったのか。
     意識を失った少女は惜しげもなく股間をさらし、生暖かい液体の噴射はまだまだ終わりそうになかった。


    重たいかぼちゃ12につづく


    そろそろ一ヶ月分のフラグを噴射するときが近づいて参りました……。



    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/190-34051bda
    ブログパーツ