レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。

    おむつ少女41

    スパッツの内側に、前も後ろもべったりと張り付いた下痢は、それ自体がおむつのようになってしまい、一滴のおしっこも外に漏らすことを許してくれない。
    スパッツ内が、生暖かいおしっこに満たされていき……それでもスパッツを脱ぐ勇気が無い加奈は頬を涙に濡らし、全てを受け止める羽目に……。


    これが本当の下痢おむつの巻。

    この小説を最初から読む!
     
     
     
     


     キャパシティの少ない女児ショーツはパンパンに膨れあがり、クロッチの脇からはみ出してるようだった。だけどスパッツは脇からうんちを出すことを許してくれない。
     クロッチの脇からはみ出した下痢うんちはスパッツに沿って領土を広げ、無惨にも内股が盛り上がっていた。

    「こんな……こんなのって……無いよ……」

     内股だけじゃない。
     普段ならしゃがみ込んだら幼い縦筋がスパッツに浮き上がるけど、今は和式便器にしゃがみ込んでも僅かな筋さえも浮き上がってこなかった。スパッツの中はべったりとペーストに覆い尽くされ、それはお尻はおろか、前までもパンパンに膨れあがらせている……。

    「ひぐっ……ぐずっ………」
     ぽっきりと心が折れてしまった加奈は、どうすることもできずに泣くことしかできない。

     ひくっ……ひくっ……っ!
     実際、少女がしゃくり上げているときに幼筋が痙攣しているのだけど、その痙攣がスパッツに刻まれることはない。ただ、痙攣している縦筋に、茶色いペーストがめり込んでいく。




     ちょろ………………………、
                        ちょろろ…………


     そんなとき……ペーストがじわりと生暖かくなってきた。
     どうせここまで汚してしまったら……これ以上汚しても同じことじゃないか……。

     ただ頬を涙にぬらし、和式便器でヒザを抱えることしかできない加奈は、あっけなくお股のちからを抜いてしまったのだ。

     少女の太く短い尿道を、生暖かい液体が流れていく。
     うっ……漏れ出してしまう瞬間、本能的に躊躇してしまうけど折れてしまった心ではもうどうすることもできないのは当然なことだった。


     ちょろろろ…………じわあ~…………


    「う、うわあぁぁ………はうぅ………」
     冷え始めていた下痢が、じわりと生暖かくなった。もう、どうせ後戻りできないのだ。おしっこを我慢したところで意味が無いじゃないか……。
     

    ぷしゅいいいいいいぃぃぃぃぃ………
     しょろろろろろおおおおぉぉぉ………


     くぐもった水音から、確かなせせらぎへと……だけどスパッツに覆われたお股からおしっこが漏れ出すことはなかった。
     べっちゃりとこびり付いている下痢ペーストがおしっこを遮ってしまい、外へと逃さないのだ。


     たぷんっ………、
     お尻の割れ目にまでもおしっこの生暖かい感触が忍び寄ってくる。結構な量を漏らしているはずなのに、外には一滴も漏れ出さない……これはある意味拷問だった。

    「い、いやぁ……あ、あ、あぁ…………」
     口では嫌だと言いつつも、身体は本能の赴くままに放尿を続けてしまう。


     しゅうううぅぅぅ…………
         しゅううういいいぃぃぃいい…………

     おしっこが止まらない。……止められないのだ。パンパンに膨らんで重たくなったスパッツも、立ちのぼる腐敗臭も、お股をくすぐる生暖かい感触も……全てがどうでも良くなってしまい、少女の括約筋は弛緩することしかできない。


     しゅいいぃ…………………、

     そんな時だった。
     加奈の股間から聞こえてきた水のせせらぎが消えたのだ。
     噴射は、まだ続いている。
     音だけが消えた。


     何故なのか……?
     それは、とても単純なことだった。単純なことだったが、それだけに加奈は認めたくない事実……。


     ペースト状に覆い尽くされた下痢スパッツの内側の全てに、おしっこが満ちてしまったと言うことだ。


    『下痢おむつ』………。
     不意にそんな言葉が思い浮かんでしまう。
     これではおむつと変わりない……。
     ミッチリとペーストが貼り付いたショーツは一滴のおしっこも漏らさずに、それはスパッツで覆われて更なる保水性を持ってしまったのかも知れなかった。
     ショーツの脇からはみ出した下痢はスパッツで更に内股にまとわりついているのだ。
     その内側に、生暖かいおしっこが満たされていく。


     じょぼぼぼぼ…………

     
     生暖かい水中への放尿はとても違和感があって気持ち悪かったが……
    「あっ…………はぁ………はぅ~」
     それでも加奈はおしっこを止めることが出来ずにいた。たとえどんなに力を入れてお股を締めようとしたところで、括約筋さえも見えないのだが……。

     たぷん……。
     幼い割れ目からお尻までの縦筋が、生暖かいおしっこに満たされている。下痢おむつのせいで全てのおしっこを受け止めなければならなかった。


     だけど、どんなに性能の良いおむつにも限界があるように、下痢おむつにも限界があった。
     全ての隙間が生暖かい感触に満たされると、逃げ場のないおしっこは、徐々に圧力が高まってきたのだ。それは生ぬるい水風船のように……。
     そして、それは突然訪れた。


     もわっ…………
    「いっ……ひぃ……」
     ついにスパッツからおしっこが滲み出してきたのだ。
     だがそれは、尿道のところからではなかった。
     下痢おむつの脇から……ベッタリと貼り付いた下痢ペーストの脇から、おしっこが滲み出してきたのだ。スパッツに覆われた、内股のあたりから、おしっこが漏れ出してくる……それはなにか悪い夢のようだった。


     お尻のほうからも生暖かい液体が滲み出してくる。
     本来は割れ目から滲み出してくるはずのおしっこは、ショーツのゴムがある辺りから滲み出してきて、そこから重力に従って堕ちていく。

     ぴちょん…………、

     ひずみのないトイレの水面に、一滴の雫が堕ちる。
     茶色く、汚れた液体が……。
     一滴堕ちると、それは止めどなく落ちていき……、透明だった水を茶色く汚していく。

     ぱた………ぽたぽたぽた…………、

     その様子を、加奈はただヒザを抱えて見ていることしかできない。ヒクヒクと痙攣しているであろうお股も、汚れきったショーツも……全てがスパッツの中に封印されている。

    「うそ……もう……ぜんぶ、うそだよ………うそだよぉ…………うぅっ!」


     ぽた…………ちょろろろろろ…………

     雫はやがて一本の茶色い糸へ………。
     もう少女にはおしっこを我慢する力も、気力さえも残されていない。
     ただヒザを抱えて泣き、おもらしという現実から目を逸らすことしかできなかった。



    おむつ少女42につづく


    スパッツを穿いたまま漏らすと横から漏れ出さないぶん、ブルマよりも大変なことになりそうだと妄想しながら書いてみました。

    スパッツがおむつになってしまった描写は実験的なのですが……どうでしょうか。




    次回、
    スパッツを脱ぎたがらない加奈に、小町はしゃがみこむと……。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/174-1c6aea09
    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。