レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    おむつ少女40

    加奈はおもらししたスパッツを我慢しながら個室たどり着くも、おもらしショーツを見る勇気が無く、そのまま和式便器にしゃがみ込んでしまう。
     
     
     
    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
     ピクピクッ………

     頬をタイルの床に擦りつけたままの少女の排泄が終わったのは、それからかなりの時間が経ってからのことだった。



     お股は落ち着きを取り戻つつあった。
     あんなにもケイレンしていたのに、いまでは漏らしてしまった下痢と一緒に冷たくなってる。
     「うぅ……ぐずっ」
     涙が薄ピンクのタイルに沿って流れていった。うつぶせで下痢おもらしなんて……惨めすぎる。

    「もう……もう、ぃゃあ……」

     むりゅむりゅむりゅ………犬のように突き出されたスパッツが、再び大きくなっていく。もうここまで漏らしてしまったんだから、どんなに漏らしても一緒じゃないか……そんな諦めからくる、自主的な排泄……すでに加奈の心はポッキリと折れてしまっていたのだ。

    「ふっ……んぅ………んんんぅ」
     むりゅっ……むりりりり…………………………ぷぽっ……

     液状便はそんなに力を入れなくても簡単に漏らすことが出来た。本当なら力を入れることに躊躇いを覚えるのが普通なのだろうが……今の加奈にとっては、パンツの中への排泄は知らぬ間に馴れてしまっていたのかも知れなかった。
     それでも下痢おもらしをしてしまったという事実は少女の良心を踏みにじる。
    「イヤ……イヤなのに……こ、こんなに……」


     そっと、つきだしたままのお尻に手を当ててみると……。
     そこはほっこりと微かに湿っていて、生暖かいドロドロとした流動体が詰まっているなんとも気色悪い感触が伝わってきた。
     おしりに触れてる感触なんてほとんどない。黒スパッツは加奈のおしりの割れ目さえもわからないほどパンパンに膨らんでいるのだ。


     厚手の女児ショーツを重ね履きして、その上でスパッツを穿いていたからだろうか。ここまでの下痢おもらしであっても、外には一滴も漏れておらず、全てのものがキャパシティの多いとは言えない女児ショーツの内側に詰め込まれていた。

     漏らしすぎてショーツの脇からうんちがはみ出してくるという悲劇は避けられたが、欲望の全てを受け止めたということだ。


     それは、加奈にとって不幸中の幸いだったのだろうか?
     それとも更なる悲劇を呼び起こすものなのか?


    (ああ……こんなに漏らしちゃった……)
     諦めとも自責とも知れない感情が、胸に染みてくる。立たないと……立って、早くトイレの個室に入らないと……全てが手遅れだけど、そうすることでしかこの失敗から逃れることが出来ないような気がした。

     気怠く重たい身体を起こし、立ち上がろうとするも……

     むにっ………

    「うわっ……」
     小さな唇から、思わず声が漏れてしまう。開ききったおしりの割れ目でうんちを挟み込んでしまう気持ち悪い感触。

    (……これじゃ普通に歩けないよぉ……)
     うんちがお股に挟まって気持ち悪い……普通に立つことなんてできない……。
     それに……うつぶせの状態で漏らしてしまったので下痢は前の方が密度がより濃くなっていて、ほころびかけた蕾を閉じようとするとドロドロしたものが内側にまで入り込んでしまいそうだった。……だけど、このままでいるわけにもいかない……。


    「あぅ……ふぅ……ふぅ~………」
     仕方なく加奈は、完全に立つことも叶わずに個室を目指すことになった。がに股で、小さなお尻を突き出しながら……。


     にちゃっ………にちゃっ………にちゃ………
     一歩進むごとにお股に柔らかいものが挟まり込んでいく感触が気持ち悪い。ゴムが食い込んでくるように、熱いものが割れ目に食い込んできて……だけどここで止まるわけにはいかない。
     ショートカットの少女は、子供が相撲をとっているかのように、デリケートな場所を刺激しないようにと少しずつ歩を進めていかなければならなかった。

     一歩……一歩……ピンク色の個室の扉にやっとの事で手が届くと、それにすがりつくようにして個室にたどり着く。

     ばたん……。
    「ふぅ……」

     これで、これで……何とかなる。
     幼い加奈は、安易にそう考えていた。
     だが和式便器に向かい合いふと冷静になってしまう。頭の中が真っ白になっていて気づかなかったけど……これからこの下利便にまみれたスパッツとショーツを脱ぎ、その処理をしなければならないのだ。

     幼い加奈には、そこまで思考が回っていなかったのだ。
    (どうしよう……)
     便器を前にして、膨らんだスパッツを抱えた少女のヒザが、ふるふると震え出す。

    「怖い……怖いよ……脱げないよ……誰か……小町ちゃん、助けて……」


     ボーイッシュで強気な少女の心がへし折れるのは案外あっけないものだった。心が折れるときっていうのは普段気が強ければ強いほどその反動も大きいのかもしれない。

     心が折れた加奈は……パンツとスパッツを履いたまま和式便器にしゃがみ込んでしまったのだ。どうしょうもなく汚してしっまったパンツの中を見るのが恐ろしい……それを見ないためにすることができる、最後の手段……。

    「うぅ……ぐずっ」
     しゃがみ込んでしまうと頬を涙が伝い落ちていく。もう、どうしていいかもわからない。
    「もう……いやだよぉ……小町ちゃん……小町ちゃぁん……」


     そんな加奈にこみ上げてきたものは……どうしようもないくらいの惨めさと、残酷なまでの尿意だった……。


    おむつ少女41につづく



    次回、しゃがんだまま更におもらし。


    いやー……疲れた……。
    拍手コメントなどで応援してくれた方々、ありがとう。なんとか脱稿することができ、こうして更新することができました。やっぱりコメントくると張り合いがでますね……。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/172-9dd87ca7
    ブログパーツ