レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold02_blogside.jpg


    Hold01_blogside.jpg
    暑くなるまでには出したいです。



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    アルテマ☆デトックス

    らきすたネタ。


     かがみはこなたが買ってきたぁゃιぃデトックスの実験台になってしまう。

     間食のし過ぎでダイエットしたかったかがみはついつい手を出してしまうけど……。


    サイドバーのカテゴリーをクリックするとバックナンバーが表示されるみたいです。
     
     
     今日は教室でテスト勉強をしていこうと言うこなたとかがみとつかさの3人組。
     頭を回さずにペンばかり回しているこなた、青空に浮かんでいる雲の形ばかりを気にしているつかさ。
     唯一ペンを握っているかがみが青筋を立てながら呟いた。
    「こら、あんたたち」

    「なあにぃぃ~~?」
    「えっ? なに、お姉ちゃん」

    「あんたたちねえ、家で勉強しないからこうして付き合ってるのに全然はかどってないじゃない!」

    「だあってさぁ、勉強なんて明るいうちにやってもはかどるものじゃないよお~」
    「あんた、夜になったらネトゲーかアニメしか見てないじゃない!」
    「そうだけどさあ……」
     やる気0と言った感じで、溶けそうな視線を送るこなた。

    「ところでかがみい……」
    「なによ」
    「そんなにお菓子食べてて大丈夫なのー?」
    「う……」
    「今だってポテチとサイダー飲んでるし……こうしてみると、だんだん横に伸びているように見えるんだけど……」
    「うるさいわね! 」
    「お姉ちゃん、昨日の夜また体重増えちゃったって――むぐっ」

    「ほほお。そんなかがみにいいアイテムを用意してきたのだよ」
     こなたは、ごそごそとスカートのポケットをまさぐり、ドラ○もんのように高々と手をかざした。

     てけてけん、
    「デトックスー」

    「デトックス? デトックスってあの身体から有害な物質を出すって言うあのデトックス?」
    「ほほう、かがみは何でも知ってるねぇ……」
    「で、なんていう名前の奴なのよ」

    「アルテマ」

    「はぁ?」
    「いやだから、アルテマっていう名前なの。どう、効きそうでしょう?」
    「効くっていうか思いっきり危険な予感しかしないんだけど」
    「まあまあ、その辺は実際に試してみるしか」

     ビリビリと外箱を破り、中身を取り出す。透明なビニールに小分けに梱包されていたのは粉薬だった。

     ただ、その色が凄まじい。
     蛍光塗料で色をつけたかのような見るも鮮やかな粉末だった。暗いところで見たら発光するのではないか。

    「とりあえずサイダーと混ぜてみようか」

     しゅわしゅわしゅわ…………

     実にカラフルな炭酸飲料の完成だ。あわ立ち具合といい、見るからに身体に悪そう。

    「ちょっと……これ、大丈夫なんでしょうね」
    「生命に関わる危険はないらしいよ」

    「で、でもこれはさすがに……」
    「かがみ痩せたくないの?」
    「そりゃ痩せたいけどさ」
    「それじゃ、ぐっと逝ってみようよ。これで痩せられたら儲けもんだと思ってさあ………ぐ~っっとね」

     コップを傾け一気に飲んでしまおうと、かがみは息もつかずに飲み始める。
     小さな喉ぼとけがこくこくと上下している……。

     ぷはっ

     飲み終えて、水の中から上がってきたかのように息を吐くかがみ。何事もなさそうに平然としている。
    「なんだ、意外と普通の味じゃない」
    「ちっ、何も無いか……」
    「そこ、残念がらない!」

     いつものように突っ込みを入れるかがみ。
     だがその身体が、びくんっ、と大きく痙攣した。

    「えっ……」

     自らの身体の変化に戸惑いの表情を浮かべ、寒気に耐えるように身体を丸める……。
     
     しゅいいいいいいぃぃぃぃ…………………。

     どこからか水の流れる音が聞こえてくると、かがみの頬が気持ち良さそうに弛緩して、鮮やかな桃色へと染まった。


    「おほっ、おもらしとな!?」
    「お、お姉ちゃん!?」



    アルテマ☆デトックス2に続く。


    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/16-6e97d669
    ブログパーツ