お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    寄生蟲7

    今回はちょっと長め。
    成り行きとはいえ姉さまのショーツを穿くことになった比奈。若い身体が暴走を止められるはずもなく…………

    最初から読みたい方はサイドバーのカテゴリーを『寄生蟲』をクリックするとまとめて表示されます。


     この日は姉さんと一緒に登校することになった。
     登校……と言っても、全校の女子生徒のほとんどが入寮している「聖寮高校女子寮」は校舎のすぐ隣にあるので道程五分程度しかないし、しかも聖寮高校自体が山の上に建てられているので登校中にコンビニで買い物をするといったイベントも皆無なのだけど。
     それでも比奈にとっては十分幸せな時間だった。

     京と比奈は肩を並べて歩き出す。
     京はこうやって見上げてみると、本当にすらりとして綺麗な人だった。着やせするタイプなのだろうか、昨夜の襦袢姿からは考えられないほどスラリとした身体がワインレッドのブレザーに収まっている。赤を基調としたチェックのスカートからは引き締まった白い脚が伸びていて、一分丈のスパッツが覗けて見えるのだった。

     比奈が京のことを知ったのは、図書室でのことだった。
     鬱蒼とした本の森の片隅で、独りで本を読んでいる横顔を見たのが出会いだった。『出会い』と言っても、一方的に比奈が一目惚れしただけの話なのだけれど。
     初めて会ったとき、ただそこにいるだけで惹きこまれてしまいそうになったことを覚えている。それからと言うもの本の場所を聞いたりだとか、感想を聞いたりだとか、比奈の涙ぐましい努力の甲斐あって姉さまに名前まで覚えてもらうことができた。
     その姉さまが、手を伸ばせば届くところにいる。
     いま、手を繋ごうとしたら、姉さまは繋いでくれるだろうか……?
     姉さまの手。
     いつも本を持っているせいか、少し大きくて指が長い。その指に、少しでも触れてみたい……比奈が手を伸ばそうとした、そのとき。
    「じゃあ、また後で会いましょう……」
    「えっ?」
     我に返り、きょろきょろと見回すと、すでに昇降口を過ぎていた。この先は下駄箱が学年ごとに分かれているのでここでお別れだ。どうしよう、まだ御礼を言ってない。
     比奈は、慌てて口を開いた。
    「あ、あの……っ」
    「なあに?」
    「あ、ありがとうございました……今朝は」
    「私は当然のことをしただけ。なにか困ったことがあったらいつでも相談してね。わたしはいつも図書館にいるから」
     さり気ない優しさが心地いい。スカートの裾を翻して生徒の波へと消えていく姉さまの細い背中。その後ろ姿をいつまでも見とれていて、比奈は遅刻ギリギリに教室に駆け込むことになったのだった。

    *   *   *

     しかし案の定というのだろうか……一時間目の授業にして比奈のショーツの中は凄まじい状態になってしまった。絶え間なく滲み出し続ける愛液はクロッチの限界を超えてお尻のほうまで染み渡りペッタリと張り付き、スカートにまで暗い染みるほどになっている。

    「ううっ……姉さまのショーツがくっ付いてる……」
     その妄想が掻痒感に拍車をかけ、今にもシャーペンで弄りそうになる。だけどそこは理性の方が勝った。ぼうっ、とする頭で授業を聞き流しているとようやく、念願の休み時間のチャイムが鳴った。
    誰よりも早くトイレの個室に向かう。

    ぱたん

     個室のドアを閉めと、和式便器をまたいだ。
    ゆっくりと借り物のショーツを膝まで下ろす。
    酷いものだった。
    クロッチはドロドロの愛液にまみれて乾いているスペースなんて見当たらず、お尻のネコが書いてあるところまでグチャグチャになっていた。
    身体の芯が、熱い。
    比奈は再びショーツを穿いて座り込む。

    「……………はぁ」

     ため息をつき、ショーツの上から割れ目をこすりはじめると、少し冷えていたショーツはあっと言う間に豊潤な愛液に満たされる。十分に熱くなったところを姉さまのショーツごと指を入れてピストン運動を始める。

     くちゅ、くちゅ、くちゅ……
    「……っ……っ……っ……っ!」

     いつ誰がトイレに入ってくるかも分からないスリル。声は出せない。その中でくちゅくちゅと湿った音が響いている。

     ぶわっ、

     熱く、大量の愛液が膣から溢れ出し、クロッチから滲み出す。キュンッ、と背筋が痙攣し――

    「ダメッ」

     比奈は不意に我に返り、指の動きを止めた。軽く達してしまった割れ目から先走った愛液があふれ出してくる。本気でいってしまったわけではないので、その波もすぐに引いていった。
     ――危ないところだった。
     姉さまのショーツを穿いたまま達してしまうところだった……。
     ショーツを脱いで中を覗き込んでみる。

     中は、まるで生卵を流し込んだみたいだった。
     カラカラとトイレットペーパーを多めに手にとって、クロッチからヌメヌメしたものをぬぐい取る。それから自分の割れ目も。
     軽く逝きかけた割れ目はひくひくと痙攣していてお汁が垂れてきていた。拭いても拭いても垂れてくる。時間を掛けて拭き取っているうちに、二時間目が始まる目前にまでなってしまう。その頃にはショーツはすっかり冷え切っていて、それでも穿かなければならず、無理やり穿くとペッタリとお尻にまで張り付くのだった。
     
     …………うう…………気持ち悪い…………

    「ねえ、大丈夫?」
     後ろの席から、声を掛けられた。
    「……詠美(よみ)ちゃん?」
     後ろの席に座っていたのは、銀縁のトンボメガネをかけて、染めていない髪の毛は後ろで二つに縛っている少女だった。
     野暮ったい外見とは裏腹に、ワインレッドの制服に包まれた胸はグレープフルーツのように大きいくて、お尻も意外と出てる。子供っぽさと大人っぽさが同居したような危うい印象の少女だ。
     この少女を見て、十人中十人が間違いなく体育系とは答えないだろう。そんな詠美は、やはりと言うか図書委員なので放課後は図書室で見かけることが多かった。
     自然、本好きの比奈とは本の話で盛り上がることが多かった。

    「大丈夫、大丈夫だよ……」
    「でも体調悪そうだよ」
     そこで教師が入ってきたので会話が強制的に途切れてしまう。
     端から見ても体調が悪そうに見えるのか……なるべく変なことは考えないようにしよう……心に決めた比奈だった。

         *   *   *

     だけど逝きかけで寸止めしてしまった身体が黙っているはずがなかった。
     二時間目の授業中、冷えていたショーツは滲み出し続けるお汁に満たされてしまっていた。誰にも見つからないようにぴったりと内股をすり合わせるけれど、これが返って逆効果だった。サイズが小さめのショーツが割れ目に食い込んでくるのだ。
     
    プシュッ、

     小さなが水音が立ち、比奈は快感を堪えるように背筋を丸める。
     せめてさっき、絶頂を迎えることが出来ていたならばここまで酷い掻痒感は無かったはずだ。今はせめて我慢して、休み時間になったらトイレに駆け込もうと心に決める。
    姉さまには申し訳ないけれど一度発散させてもらおう。そうしないと身が持ちそうに無い。
     朦朧とする意識の中、次の授業を確認して絶望する。
     
     体育だった。
     
     教室で着替えてグラウンドに出るだけで、トイレに行ってる暇なんて無い……。
     ちなみに今は冬に向けて長距離走だ。こんな状況で長距離なんて走ったらどうなるのか。
     それは取り返しのつかないことになりそうだったが、なぜかこの時は魅力的な提案に感じられた。
     比奈の腹の中で、何かが蠢動した。



    寄生蟲8に続く。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    ブログパーツ