レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。

    余談として2-a

    ちょっとだけ放置しておいたら拍手数がすごいことに……。


    アルテマ・デトックス5の続編『余談として1』のつづき。
    『あなた』は放課後の女子トイレで、
    →あける
    を選択してみることに。


    セリフ無しで、現状で出来うる限り情景のみの描写に徹してみました。
    どうでしょう。
     
     
     
     
     
     あなたは、意を決してビニール袋を開けてみることにした。


     むわっ………

     封を解いた途端、タマゴを腐らせたかのような強烈な臭気が立ち上り、個室内はより一層の茶色い腐敗臭に包まれる。

     あなたは鼻が曲がりそうになりながらも、その中身を覗いてみた。

     ……まず目に飛び込んできたのは、茶色く染まったショーツだった。
     元は純白だったに違いないそれは、白と茶でまだら模様に汚れており、ネコのワンポイントまでも無惨にも茶色く塗りつぶされている。

     ショーツ両端を指でつまみ、ゆっくりと持ち上げていくと……ショーツとは思えない、ずっしりとした重量感が伝わってくる。
     内側には、べったりと『茶色い何か』がへばりついていた。
     信じられないが……それは……。

     あなたは、早鐘のように鳴り出す鼓動を押さえつけながらも、ゆっくりとショーツを開いてみることにする。

     
     ショーツの内側には……予想通りと言うべきなのだろうか……それとも、予想を上回るものだったのだろうか。
     ベッタリと茶色い物体が貼り付いていた。便と一言で言い表すにはあまりにも複雑すぎる未消化物。腸の老廃物と大腸菌が混じり合い、少女の腸内で熟成されたモノ……。

     それは、さっきまで少女が穿いたままおもらししたかのように、くっきりと形を残していた。
     
     むりむりとひり出されたそれは、お尻の割れ目に溢れかえり、お尻に広がりきると前の方にまで押し寄せ、幼いクレヴァスを埋め尽くしたのだろう。
     茶色の粘土には、スッと少女の縦筋が刻まれていた。


     もはやクロッチさえも見えず、どろどろの未消化物は腰のゴムさえも茶色く染め上げているほどだ。
     きっと漏らしてしまった少女のお股には、べったりと自らの欲望がまとわりついて、割れ目さえも分からぬほどに陵辱されていたに違いない。

     自らの排泄物に汚れながらも、それでも漏らし続ける少女……どんな惨めな気持ちで、彼女は大量の欲望を漏らし続けたのだろうか……?
     どんな惨めな気持ちで、重たくなったショーツを引きずりながらこのトイレの一番奥の個室に逃げ込んだのだろうか……?

     よくみると、ショーツの脚の出口には、うんちがひり出された後がしっかりと残っていた。大量にうんちおもらししてショーツからはみ出していく時に残る、独特の恥ずかしい証。


     にゅるにゅるとおもらしし続ける少女は、その場に座り込んで、泣くことしかできなかったのだろう。泣きながらでさえも、ショーツからはみ出るほどおもらしし続けることしかできなかったのだろう。そして友達に手を引かれてトイレに連れて行ってもらい、そこで泣きながらもおもらしショーツを処理したに違いない。

     この、狭い個室で、腐敗臭に包まれて、内股を茶色く汚しながらもショーツを脱ぎ捨て、自らの欲望に塗れた桃尻をティッシュでぬぐい去っていく少女……どんな気持ちで尻を拭ったのだろうか。どんな気持ちでベッタリと貼り付いた欲望を、クレヴァスからぬぐい取ったのだろうか。

     備え付けのトイレットペーパーの芯は、かなり小さくなっていた。割れ目や内股に貼り付いた『汚れ』を綺麗にするために、独り黙々と拭き続けたのだろう。

     ……そして、今あなたが手にしている茶色く染め上げられてしまったショーツは、少女が一番見られたくない恥部なのかも知れなかった。



    ……おや?

     ビニール袋の中にはまだ何かが入っているようだった。
     あなたはなにかと思い、カサカサとした手応えのそれを取り出すことにしてみる。

     それは、驚いたことに穿くタイプの紙おむつだった。
     なんでこんな物がこんなところに?
     だけどこの状況では、そんな疑問は些細なことでしかない。


     ……恐る恐る、中身を覗いてみることにする。
     するとそこにはお尻の部分にうすく、茶色い染みが広がっているのが確認できた。下痢……にしては色が薄すぎる。
     ショーツを穿いたままおむつを穿いた状態で、下痢を濾過したらこんな染みができることだろう……。


     前の方……お股が当たる部分には、しっかりとおしっこの染みが残っていた。
     授業中に座ったまま失禁してしまったのだろうか? お尻のほうにまで黄色い染みが広がっていて、濾過された茶色い染みと混じり合って得も言われぬ色調を醸し出している。


     よく見ると、おむつの脚を通す穴の脇にも、うんちがひり出された後が残っていた。

     ……さっきのショーツにも、うんちがひり出された痕跡が残っていた。


     ……と言うことは、非常に考えづらいことだが、このショーツとおむつの持ち主である少女は、ショーツの上からおむつを重ね穿きして、その状態でうんちおもらしを始めてしまい、それはショーツとおむつからはみ出てしまうほど大量だったというのだろうか?


     それはただの都合の良い予想でしかない。
     だが、茶色いまだら模様に穢されてしまった、冷たくなったネコショーツと紙おむつを見ていると、そんな気にもなってしまうから不思議なものだ。

    「………?」

     ショーツを見つめていたあなたは、ある事に気付く。
     まだら模様の腰ゴム付近に、小さく油性ペンで文字が書かれていたのだ。

     何度も洗濯して滲んだサインペンの文字に目を凝らしてみると、
     そこには太い字で、
     
     
     
     
    『つかさ』
     
     
     
     
     と書かれていた。

     どうやらこのショーツの持ち主は、『つかさ』という少女だったらしい。
    『つかさ』という少女はどんな少女なのだろうか……。

     あなたはつかさという少女に思いを巡らせつつ、ネコのワンポイントショーツとおむつをサニタリーボックスの中に戻した。





    アブノーマルエンド



    はい。
    少女の失敗してしまった証拠を掘り起こし、ひたすら妄想に耽ってみるお話でした。

    話の繋がりとしては、アルテマ・アゲイン4でつかさがショーツの上からかがみの紙おむつを穿き、『5』でおもらしした、その日の放課後という設定です。


    実験的作品なので評価は皆さんにお任せします。

    アルテマ・アゲインシリーズ
    本当のおしまい。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/139-c81c37c0
    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。