レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold02_blogside.jpg


    Hold01_blogside.jpg
    暑くなるまでには出したいです。



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    危険なティータイム3

    ハヤテのごとく! の二次創作小説。

    超強力下剤を入手して復讐を図ろうとするナギ。
    だけどそれを試しに舐めてみて、大変な目に遭ってしまう……。
    「く、くやしい、悔しすぎるではないか…………なんでこんな年にもなっておむつを当てられて、しかもおもらしまでしなければならないのだ」
    「いま流行のデトックスって言うやつですよ。ただ、お嬢様には少々合わないようですが……おほほほほほ」
    「ぜっっっッ対に面白がってるっ」
     満面のマリアの笑みを思いだして、ナギは一人地団駄を踏むのだった。


     超強力利尿剤入り紅茶を飲んで3日が経った。
     そのころにはすっかりおむつが馴染んでしまったけれど、しかしやられっぱなしのナギではない。
     ネット通販で怪しい下剤を見つけるとそれを速達で取り寄せて置いたのだ。これをマリアのやつに盛ってやる。


     そして、その『ブツ』がナギの目の前にある。
     いざ、その下剤を目にしてみると、それはあまりにも禍々しい代物だった。世界中のあらゆる爬虫類をすり潰したらこんな色になるのだろうか。ビンに入っているはずなのに、そこから発散される臭いも凄まじかった。この臭いは……ジャガイモの水栽培に失敗したときの、納豆のような臭いを100倍くらいきつくしたような感じだろうか。


     どうやって、これをマリアに飲ませるか……。


     これほど強烈な悪臭を放っていると、臭いだけで気付かれてしまいそうだ。味なんて想像できないほど不味いに違いない。


     どれくらい……不味いのだろうか。


     ちょっと気になる。
     舐めるくらいなら……。

     自慢することでもないが、屋敷に篭っているせいかこの3週間、お通じらしいものが無かった。ちょっとくらいなら……。


    ぺろっ


     少しだけ、舌をつけただけだった。
     その瞬間、何とも言えぬ腐敗臭のようなものが口に広がり、吐き気を催しそうになる。こ、これは強烈だ…………。
     錠剤を瓶に封印しようとする。身体の変化は、そのときには現れていた。


     ぎゅるっ、


     腸を絞めつけるような音がお腹から鳴り響く。ぶわっと、背筋に冷や汗が浮き上がってくる。

    「ま、まさか」

     危険を察知したときには手遅れだった。
     腸全体がミミズのように蠢動をはじめ、ギリギリと排泄物を押し出そうとしていたのだ!
     ちょっと舐めただけなのになんという効果だ。いや感心している場合じゃない。
     一刻も早くトイレに行かなければ、おしっこだけではなく大きいほうまでも漏らしてしまうことになる……!

    「だ、駄目ぇ……………」


     一歩、前に踏み出す。
     少しでも気と力を抜いたら出てきそうだ。
     身体を弓なりに反らして、爪先立ちになってゆっくりと慎重に歩き始める。なんで人間、こういうときになると爪先立ちになるのだろうか。

     しかしそれでも下剤の威力は凄まじかった。
     はっきりと形のある物が、お尻の肉をこじ開けようとしているのだ。
     
     
     ミリッ


     3週間、腸内で固められた、石のようなうんち。
     音は無かった。無かったが、何とも言えない不快感がお尻に広がった。
     どんなに力を入れてもびくともせずに、ゆっくりと、確実に出てくる。
     はっきりと形のあるそれが、柔肉をこじ開けて突き進んでくる……。


     ミリミリミリッ


    「トイレ、……トイレ………っ」

     弓なりに反れていた身体が、次第に前のめりになってしまう。自らの欲望に屈してしまう……。
     前のめりになることによって、お尻にかかっていた力が抜けていしまう。その瞬間、辛うじて押し留められていた『何か』が、棒のように突き出してきて、おむつを押し広げた。

    「もうっ、ら、らめぇ…………」


     それでもナギは歩みを止めなかった。再び身体を起こすとゆっくりと一歩を踏み出す。爪先立ちになって、ゆっくりとそろそろと。
     皮肉にもおむつを穿いていたことが、文字通り被害を少なく押し留めていた。ミリミリと押し出されるうんちは、ショーツを穿いていたらもっと大変なことになっていたことだろう。

     普通の下剤は、うんちまで柔らかくなるものだけど、この薬は腸を蠢動させることによって全てを押し出すものらしい。
     ゴツゴツと堅いままのそれは、おむつの中で行き場をなくすと外側へと広がろうとする。ショーツだったら簡単に広がっていたに違いない。
     だが、それとナギの限界は話は別だった。ギリギリと絶え間なく蠢動する腸。それに押し出されるもの。

    「あっ、あっ、ああっ!」

     ビクンッ、
     と小さな身体が痙攣し、前を見据えていた瞳が、フッと虚ろになった。
     もう、限界だった。

     ぶっ、

     おむつの中で、くぐもった音が炸裂する。それはナギの心が折れた瞬間だった。歩くことを諦めて、身体の力を抜いてしまう。
     押し留められていたものが、ミリミリと柔肉の間を通り抜けていく感触。一度抜いた力はそう簡単には戻らない。

    「漏れてる……わたし、漏らしてるよぉ………」

     何とも言えぬ背徳間に頬が赤くなる。スカートの上からお尻を触ってみるとパイナップルのように膨らんでいた。

     音は最初のおなら以外なかった。
     ただ、ミチミチとおむつをひたすらに押し広げていき、あたりに腐敗臭を撒き散らす。
     3週間、自分の体内で熟成されたものの臭いだ。よくも今まで身体に収まっていたものだ。おむつの中にパイナップルを詰められたような、ゴツゴツとした感触。

    「あ……っ、ふぅ…………」


     快感と羞恥の入り混じったため息をついて、ようやくナギのおもらしは終わった。
     やってしまった………。

     じわり、と悔しさと涙が滲み出してくる。どっさりと重たくなったおむつ、どうしよう。どうしょうもないじゃないか。ナギは涙ながらにマリアの名前を呼ぶしかなかったのだった。

    「ま、マリアぁ…………」
     まるで待ち構えていたかのようにマリアがドアを開けて入ってくる。事実、待ち構えていたのだけど。
    「あらあら、お嬢様。イタズラはいけませんよー」
     嬉々とした表情を浮かべているマリアを見ていると悔しさがこみ上げてくる。絶対に仕返ししてやる。

     ナギは心に決めるのだった。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    待ってました

    面白かったです。早く続きが見たいです?Z

    (・∀・)イイ!

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/13-1daf787e
    ブログパーツ