お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    重たいかぼちゃ1

    qmaの二次創作。クララ編。

    出来るだけ削ろうと心がけているのですけど長くなってしまいました。

    クララのかぼちゃぱんつ3』の翌日、クララは教科書とBLの本を間違ってカバンに入れてきてしまって、よりによって持ち物検査が。

     
     
     
     翌日の授業。
     ノンジャンル座学の授業では、クララの席は一番後ろの廊下側にある。ただでさえ日当たりが悪いのにクララが座っているものだから暗くスダレがかかっているように見えるし、ジメジメしていてキノコまで生えてきそうな雰囲気になっていた。

     だけど良いことだってある。
     一番後ろの席からだと教室中を見渡すことが出来るのだ。

     今朝もレオンくんとセリオスくんは仲がいいみたい。低血圧気味で不機嫌なセリオスくんに、朝からハイテンションでばんばんとセリオスの背中を叩いているレオンくん。

     だけど……夜は……
     立場が逆転……?
     レオセリからセリレオのレオンへたれ受けへ豹変……きゃっ

     頬が赤くなってしまう。
     ぶんぶん、首を振って授業の準備をする。
     クララの悪い癖。ちょっとしたことでぱんつに汚い染みを作ってしまう……。

     はぁ……。
     ため息をついてカバンを開けて教科書を出そうとし

     そのとき、クララの頬が赤から青へと転じた。
     カバンの中に入っていたのは、教科書ではなくて昨晩のおかずだったのだ!!

    「ちょっ!!!」

    (だ、誰も見てない気付いてないよね……?)
     きょろきょろと周囲を確認。
     よし、だれもこっちを気にしている生徒はいない。寝ぼけて入れ間違ってしまったのだろうか。それにしてはあんまりだ。

     不幸にももうすぐ授業が始まってしまう時間だった。しょうがないから教科書は諦めてノートをとることに専念することにしよう。

    *   *   *

    「はーい、授業始めるわよー」

     最近目立たないからってメガネを換えてイメチェンを図ったアメリア先生。だけど誰も気付こうともしない。
     みんな予習で40個星をとったらすぐにマロン先生にガイドをお願いしているから。

     中々静かにならない教室。
     朝から高血圧気味なアメリア先生のこめかみに、青い血管が浮かび上がった。


    「こらっ! あなたたち! そんなにうるさいんだったら今日の授業は中止! 代わりに今から持ち物検査を始めます!!」

    *   *   *

     急に静まりかえる教室。
     そんな中で急に挙動不審になった生徒たちが何人かいる。その挙動を一瞬たりとも見逃すまいとアメリアのメガネが意地悪そうにチラリと光った。隠し事を見抜くのは不意打ちのファーストパンチが一番だ。

     そしてアメリアが机の間をゆっくりとすすみ、ぽん、と肩を軽く叩いたのは……。
     サンダースだった。
     叩かれた本人は、口を真一文字に結び、鋭い視線で一点の虚空を見つめている。

    「起立!」
    「イエスマム」
    「休め!」
    「イエスマム……」

     ごと。
     サンダースの袖の中から、黒い物体が落ちたのはそんな時だった。
    『L』の字をした、とても見覚えがあるそれは……!
     びしっ。アメリアの眉間に深いしわが寄った。
    「他にもあったら出しなさい」

    「……はっ」
     サンダースは然るべき手順で武装を解いていく。
     上着のポケットから手榴弾がレモンのようにゴロゴロと出てきて、裏地にはショットガンが仕込んであった。そしてその上着を脱ぐと背中にはグルカナイフが仕込んであり、ベルトにはサバイバルナイフやら拳銃のマガジンやらが連なっていた。
    「ベレッタM92、レミントンM870、そしてこれがコルトパイソン。このレモンのような形をした手榴弾はM26A1破片手榴弾。点火から4秒で爆発するようになっている」

     次々と陳列されていく黒い塊たち。
     武具を机の上に並べていくうちに興奮してきたのだろうか。珍しくサンダースは饒舌になっていた。更に首に巻いてあるスカーフまで外し始める。
    「これはマフラーなどの両端に鉛などの重しを入れた、アジアに伝わる隠し武器、ザギーだ。扱うためにはそれなりの訓練が必要になるが、然るべき方法で振り回せば相手の不意をつき打ち据えるも絡みつかせて拘束するも自由自在であろう」

    「………………」
     まさかのトークに絶句するしかない生徒たち。だけどこれはクララにとってはこれ以上ないほどのチャンスだった。今のうちにオカズを隠さなければ……。
     アメリアだけがこめかみを引き攣らせながらも詰問を続ける。

    「あら、なんで制服のボタンまで外すのかしら?」
    「触らないほうが良い。プラスチック爆弾が詰まっている。おしおきの電気的刺激がある一定以上に達した場合に自爆用に作動するようになっている」
    「ひっ」
     これにはさすがのアメリアも後退った。それだけじゃない。周りの席の生徒たちも一斉にサンダースから離れて、一番後ろに座っていたクララは壁に挟まれてしまう。

    「きゃ……むぐ……苦し……っ」
     便秘の机にお腹が圧迫され、思わず身体をかばってしまう……それが、クララの失敗だった。カバンの中で掴んでいたオカズが飛び出して宙を舞い……、
     
     あろう事かそれは近くの席に座っていたアロエの机の上へと落ちてしまったのだ!!
     その瞬間が、クララには、まるでスローモーションのように見えた。

    「あっ…………終わった…………」

     アロエは、何が起こったのか良く分かっていないのだろう。突然降ってきた『本』を見つめて……それを興味津々と言った感じで小さな手で持ち上げて、呟いた。

    「なんだろ? この本」
     汚れを知らない純真無垢な瞳に、耽美な表紙が映り込む。
    「ちょ……アロエちゃん、返して! そんなもの見ちゃダメ!!」
    「これクララお姉ちゃんの『ご本』なの? どうしてこのご本は、男の人同士で抱きついてるの?」

     ピシィッ

     それは、教室中が凍り付いた音か、それともアメリアの背景に稲妻が走った音なのか……おそらく両方だったのだろう。

    「あ~ら、クララさん? その本は何かしらね? 授業中にそんなもの読んでたの。………わたしのノンジャンルの授業、そんなにつまらなかったかしら?」
    「そ、そんなことは……誤解です……」

    「ま、とりあえず没収。返して欲しかったら放課後に地下室に来ることね。フフフ……」

     容赦なく没収される本。
     そのとき、アメリアの唇の端が妖艶に歪んでいることに気付いている者は誰もいなかった。







    次回、地下室編。

    『そんな……
     汚れたぱんつ……そんなに見ないでください……』



    重たいかぼちゃ2につづく
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/120-392c1c9b
    ブログパーツ