レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    クララのかぼちゃぱんつ3

    qmaの二次創作。

    便秘な少女はかぼちゃぱんつを穿いたまま息んでみるも、

    一週間、食べたモノがミッチリと詰まっているお腹は思った以上に頑固で……。


    クララのかぼちゃぱんつを最初から読む
     
     
     
    「ふぅ……」

     余韻に浸っているのも束の間、クララはお腹に力を入れ始める。


     クララがおもらしに目覚めたのは6歳だった。下校中、我慢できるだろうと思っていたその家路で漏らしてしまった。その時に周りに誰もいなかったのが良くなかったのかもしれない。

     そのとき、クララはおもらしを『気持ちいい』と感じてしまったのだ。
     それ以来クララは親に隠れてこっそりとおもらしを続けている。

     うんちを漏らしてみたのは11歳だった。
     体育の授業が終わってから、ブルマを穿いたまま、学校のトイレの個室で漏らしてみた。むりゅむりゅとお尻に広がっていく背徳的な感触と、得も言われぬ興奮がそれっきり忘れられなくなってしまった。

     それからというもの、クララはぱんつを穿いたままおしっことうんちをすることに取り憑かれてしまったのかもしれない……。

    「はあぁ……」

     かなり腹圧をかけているのだろう。クララの顔が真っ赤になって、額にはじわりと汗と血管が浮き上がりはじめる。

     それでも肛門が切なげに開くだけで、肝心の『モノ』は一向に出てくる気配がない。

    「んぅっ………んううう………」
     もう、最後の排便から一週間が経とうとしていた。週に一回は出ているから、明日かあさってには出てくるハズなんだけど……かぼちゃぱんつの腰紐が結ばれているおへそはパンパンに張っていて、この中に一週間前に食べたものが詰まっていると考えるとあまりいい気分ではない。



     昨日の朝はコーンフレークと牛乳、
     お昼はタマゴのサンドイッチ、
     夜はホワイトソースのグラタンにデザートにヨーグルト。
     その前は……良く覚えていない。



     コーヒーも飲んだ。パンも食べた。ごはんも食べた。お魚やお肉も食べた。お菓子だって食べた……。
     みんなこの白いお腹の中で腐っている。
     それらがミッチリと詰まって、腐敗ガスを醸成させているのだ。

    「んんんぅ………」

     ぷ、ぷううぅ……ぷすっ、ぷうううぅぅ…………

     肛門がヒクヒクと痙攣すると、おならが間の抜けた音とともに放たれた。濡れたぱんつの中に籠もっているとやがて鼻腔に漂ってくる……腐敗臭。一週間ものの臭いはクララ自身が顔をしかめてしまうほどのものだった。


     ……一週間。
     ……それだけ出ていないと体重だって一キロくらい増えてしまう。お腹だって張ってくる。便秘の最終日近くはいつもこんな感じだ。

    「うぅぅん………………はぁ……」

     息みすぎて頭がくらくらしてくるけど……頭さえも出てこない。

     ………ちょ、ちょろろろろぉぉ……

     残尿が股間を撫でていく。
     ぐしょ濡れのかぼちゃぱんつが冷え切った頃、ぼんやりとした意識のなか、息む力がなくなってしまう。切なげなため息をつくとスッと立ち上がった。


    *   *   *


    「おぱんつ、洗わないと……」
     おしっこを吸いきったかぼちゃぱんつはそれだけでも重たい。

     ぱんつを脱いでトイレの水を流す。すると貯水槽に新しい水が注がれるので、その水を使ってぐっしょりと黄色く染まったパンツを手洗いしていく。こうすれば寮の部屋までに臭いで気付かれることがないし、翌日の洗濯までに臭くならなくて済む。子供の頃から隠れてそうしてきた。

    「なんでわたし、こんなことしてるんだろう……」

     おもらしするたびに込み上げてくる微かな自責の念。
     水に浸して冷たくなったかぼちゃぱんつをぎゅっと絞る。指の間から黄色い水が溢れ出てきた。そしてそれをなんの躊躇もなく穿く。
     火照った身体に、冷たいぱんつが心地いい。濡れたぱんつを穿くのは慣れっこだ。

     ピンクの腰紐を縛って、おへそのところでリボン結び。
     うんちが詰まってパンパンに張ったお腹が少し苦しい。

    「……明日になれば…………はぁ」

     切なげなため息をつくと、クララは個室を真夜中の個室を後にするのだった。




    おしまい? …つづく……かどうかは未定

    いやー……難産でした。

    もしも続きを書くことがあれば、かぼちゃぱんつがもこもこと膨らんでいくところを描写することに。
    できれば我慢の果てに力尽き、便秘故の大量に漏らすところを描きたいです。


    いやしかし便秘って、書くのが難しい……。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/119-3bd38bf4
    ブログパーツ