レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold02_blogside.jpg


    Hold01_blogside.jpg
    暑くなるまでには出したいです。



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    アロエのおべんきょう6

    夏休み企画&1周年記念のアロエのおべんきょうシリーズ最終回。
    オチにしては少し弱いかも。次回への伏線と言うことで。

    これにて夏企画は終了です。
    原稿用紙60枚&校正&うpの2週間。長かったようなあっという間だったような。
    みなさん、よい夏を。

    アロエのおべんきょう1はこちら


    「あら、ジョセフィーヌ、どうしたの……」
     大蛇に続いて茂みがカサカサと揺れると、首を出したのはマラリヤだった。紫色のしっとりとした髪の毛は闇夜に溶け込み、低くぼそぼそとした呟きは木々の囁きのようだ。

    「何か美味しい御飯でも見つけたの?」
     そこでマラリヤはジョセフィーヌと呼んだ大蛇が巻き付いているものに気付く。
    「あ」
     驚愕の表情を浮かべるマラリヤ。それでも瞳が0.1ミリくらい小さくなっただけだけど。

    「だめよジョセフィーヌ。アロエちゃんは御飯じゃないわよ」

    *   *   *

    「さて、どうしようか……」
     マラリヤはあごに手を当てて首を捻る。
     このままアロエを放置しておいて、夢と勘違いしてくれることを期待するのは都合が良すぎるだろうか。
     それに夜の湖畔に一晩中放置プレイはあまりにも可哀想だ。みると、恐怖のあまり脱糞してしまったのかアロエの水着のお尻の部分は汚く膨らんでいる。
     仕方がない。湖で洗うことにしよう。

    *   *   *

     ただでさえ濡れたスクール水着は脱げにくい。それが他人のものであれば尚更だ。

     スクール水着の肩紐を外し、えいやと無理やり脱がせていく。
     それは、『脱がせる』と言うよりも『剥(む)く』と言ったほうが近い表現かも知れない。

    「こ、これは……」
     お尻の部分まで剥いていくと、……覚悟はしていたものの、予想を上回る腐敗臭が鼻を突く。黒魔法でゲテモノになれているマラリヤといえど思わず息を止めてしてしまう惨状だった。

     もわ………

     少女がただでさえ見られたくない恥部……そこは更に恥ずかしいペーストで塗りつぶされていた。

     水着を剥いていき、日焼けしていない白い肌が露わになっていく。
     水着の中のお尻には、グッチョリと茶色い下痢便が張り付いていて、それは前の方にまで広がり、無惨にも幼筋は下痢に覆い隠されている。

     それでも、ピクン、ピクン……と時折痙攣している幼筋は少女が生きていることを示していた。

     するするとスクール水着を脚から外してやる。内股に、茶色い筋が残っていく。
     よほどお腹を下していたのだろう。
     脱がせた水着のお尻の部分には茶色くドロドロとした物体が溜まっていて、紺色の生地が見えないほどだった。

    「これがホントの恥の上塗り……くすっ」

     気絶して、お尻を汚してしまった少女の身体を、ゆっくりと湖に入れて、丹念に洗ってあげる。ぬるりとした感触に混じる未消化物の感触。

    「あなたが見ていたのは怖い夢。わたしが綺麗に洗い流してあげる」

    *   *   *

    「ん、んん……」
     アロエが目を覚ましたのは、それからしばらく経って真夜中の二時を回った辺りだった。
     ぼやけたまぶたを擦りながら辺りを見回す……自分の部屋じゃないことはすぐに分かった。とぐろを巻いた蛇をかたどった燭台、本当に使うのかどうか疑いたくなるほどカラフルな薬剤が入っているフラスコやビーカー……そのせいか、部屋には独特のお香のような香りが立ちこめている。

     ……どこだろう、ここは……

     そこである事に気付く。
     ひやりと冷たい抱き枕のようなものを抱いて眠っていたらしい。
     その抱き枕は紫色をしていて、ひょろりと細長
     …チロチロと舌舐めずりしているヘビと目があった。金色の無表情な瞳。

    「ひっ」
    「ダメよ、ジョセフィーヌ。アロエちゃん怖がってるじゃない」

     ベッドサイドにわだかまっている闇が呟いたと思ったら、それはマラリヤだった。ずっと隣で見ていてくれたのだろうか?

    「怖がらせちゃってごめんなさい。この子、わたしのペットでジョセフィーヌって言うの。さっきはじゃれついてたみたいだけど、驚かせちゃったわね……」

    「さっき………?」
     なんでこんなところで寝ているの? それに……起きようとするとなにも着ていないではないか。パンツさえも穿いてない。

    「あの……服は……」
    「水着、悪いけど大変なことになってたから捨てちゃった」
    「あ……」
     思いだした。
     たしか、お腹を壊してしまっておもらししちゃったところにジョセフィーヌと鉢合わせてしまって……記憶が定かなのかここまでで、それからのことは良く覚えていない。
     勝手に顔が熱くなってきた。きっと真っ赤になっているに違いなかった。


    「ああ……それと、茂みに置いてあった服なら、寝てるままだと着せられなかったからここにあるけど……」
    「けど?」
    「ショーツ、汚れてたから購買部で新しいの買っておいたから」
    「あ……」見られてしまった。

     だけどこれは相談する良い機会かも知れない。マラリヤはいろんな実験をしていると聞くし、病気とかにも色々と詳しそうに思える。アロエは意を決して相談してみることにした。


    「わたし、変な病気なのかも知れないの」
    「病気?」
    「ときどきパンツがヌルッとしちゃって、黄色く汚れているときがあるの。ご本を読んでもなんの病気か分からなくて……マラリヤお姉ちゃん、わたし、怖い病気なのかなの……?」

    今にも泣きそうなくらい、アロエの瞳が涙ぐむ。だけどマラリヤは微かに微笑むと、優しく頬を撫でてあげるのだった。
    「大丈夫よ」
    「えっ?」
    「女の子って言うのは、みんなそうなるものなの。だからなんの心配もないわよ……そうだ、これ、使ってみる?」

     マラリヤが取りだしたもの。それは布のナプキンだった。
     女の子のお股の部分に充ててあげる。

    「これは……?」
    「ショーツが汚れないように女の子はこうやってナプキンをあてるの」
    「こんなのお股にあててたら、上手く動けないよ」
    「これからずっと付き合っていくものなんだから早く馴れることね。詳しいことは保健の先生が知ってると思うわ」
    「うん……」

    アロエは頷き、ベッドから立ち上がる。
    パンツがぽっこりと盛り上がり、脚を閉じようとすると布が邪魔に感じた。
    「うぅ……なんだか厚くて変な感じがする……それに飛んだり跳ねたりしたらずれてきちゃいそうだよぉ……」
    「女の子って言うのはそうやって可愛くなっていくものなのよ。なにか分からないことがあったら聞いて。相談にのるから」


    「うん……今日はありがとう。おやすみなさい、お姉ちゃん」
    「おやすみ……」

     パタン、真夜中に響く扉の閉まる音。トテトテとアロエの足音が遠ざかっていく。
     その足音が消えるとマラリヤはベッドの下から古びた木箱を引っ張り出した。
     ふたを開くと保存用の冷気が煙となって立ち上る。

     中にしまってあるのは……、アロエにとって絶対に見られたくないものだった。


    *   *   *

     下り物が発酵して茶色くなったパンツ『乙女の戸惑い』。
     恐怖のあまり粗相してしまったスクール水着『恐怖の証』。
     
     この二つは貴重な黒魔法に使うマジックアイテムなのだ。マラリヤがこのチャンスを見逃すはずがない。

    「さて」
     次の黒魔法の実験は何にしようか……そんなことを考えつつ、マラリヤは妖艶な笑みを浮かべるのだった。



    アロエのおべんきょう・おしまい。


    これにて『アロエのおべんきょう』はおしまいです。
    ここまで読んでくれてありがとう。


    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/113-f4084056
    ブログパーツ