レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold02_blogside.jpg


    Hold01_blogside.jpg
    暑くなるまでには出したいです。



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    シャロンの憂鬱5

    ルキアとシャロン、ショーツを交換この巻。
    シャロンは二人きりになったときも中々素直になれなかったり。

    最終回かも。

    このシリーズを最初から読む
     スカートがめくり上がり、おしっこで黄色く染まった紙おむつが丸見えになってしまう。それにくわえ、ルキアが脚の間に座り込んでくるものだから、赤ちゃんがおむつ交換を待っているように開脚させられてしまった。これほど屈辱的なこともないだろう。
    「いや、そんなに見ないで……」
     頬を紅潮させて、両手で顔を隠すものの、肝心のおもらしおむつは隠せていない。頭隠して尻隠さずとは正にこのことだ。

    「おむつ穿いたシャロン、可愛いよ。わたしが優しくしてあげるから安心して」
    「い、いや……」
    「いつまでも濡れてるおむつはいてたら気持ち悪いでしょ?」
    「いや、いやなの! おもらししたおむつなんて汚いよ……」
    「もしかして……おもらしって、おしっこ以外にも漏らしちゃったの?」
    「そ、それは……っ」

    「それなら……」
     ルキアは立てひざになって、
    「見て、シャロン」
     ぽっと頬が赤らんだ。ゆっくりと繊手を自らのスカートの裾に掛けると、震えながら持ち上げる。

     その中から現れる、ピンクと白のしましまのショーツ。
     見ると、恥ずかしい染みを隠すはずのショーツの二重底……クロッチは、外から見ても染みが分かってしまうほど濡れていた。
     
    「そんなに恥ずかしがらないでよ……わたしだって恥ずかしい事になってるんだから……キスしてるときに出ちゃったの。それに、シャロンのおもらしならわたし、平気だよ?」

    「見てて」
     ルキアは自らの股間に指を当てると、
    「わたしの恥ずかしいおもらしを」
     ショーツの上から二枚貝を開くようにしてやる。と、熱い染みは更に広がりを見せてクロッチでは吸収できないほどにまでなっていく。
     更に一点を人差し指で回すように攻めると、親指でつねるようにショーツごとつまむと……

    「んっ……! んっ……! んんっ!!」
     ショーツの中で弾ける水の音。
     濡れそぼったショーツは、ランプの明かりに照らされて布でできているはずなのにエナメル質のような妖艶な光を放っていた。滲みだした愛液が銀色の糸となって内股を伝い落ちていく。

    「……もう、このショーツ、グショグショになって穿けなくなっちゃった。シャロン、ショーツ持ってたよね?」
    「えっ?」
     目の前で繰り広げられていた事に、頭の中が真っ白になっていた。咄嗟に生返事を返す頃には、ルキアはピンクのポシェットに手を突っ込んでいる。……そ、その中身は……!

     シャロンが止めようとしたときにはもう遅い。
     ルキアの手には、しっかりと丸められたショーツが握られていたのだ!!
     何度も軽い失禁を繰り返し、生乾きになっているショーツからは熟成されたアンモニア臭が放たれている。

    「ちょっ! ルキア、そんなもの出さないで!」
    「なんでよ。ちょうど替えのショーツが見つかったって言うのに」

     有無を言わさずレモン色のショーツを取り上げると、ルキアは愛液でグショグショになったショーツを降ろす。スッと、銀色の琴線が薄暗い明かりに浮かんだかと思うとすぐに消えた。

     ルキアのラヴィアはシャロンのとは違って薄いヘアが生えそろっていて、そこが愛液に濡れそぼり淫然とした艶めかしいツヤを放っている。
     あんまり凝視しすぎただろうか?
     ルキアは恥ずかしそうな照れ笑いを浮かべると、「あんまり見ないでよ」と頬を掻く「そんなに綺麗なものでもないしさ」。

     呟いて、ルキアはレモン色のショーツに脚を通した。

     キュンッ、

     やはりシャロンのショーツはきつかった。
     太ももがゴムに絞めつけられ、縦筋がクロッチに浮かび上がる。
     拭かずに穿いたので、すぐにレモン色だったクロッチが暗く濡れて、浮き上がったラヴィアの小刻みな痙攣まで浮かび上がってしまう。

    「見て。シャロンのおしっこと、わたしのおもらしが混じり合ってるよ。おもらしショーツが張り付いてきて、シャロンと一緒にいるみたい」
    「あぁ……わたしのショーツが濡れてきてる……」
     ルキアのラヴィアがキュンと痙攣するたびに新しい染みが広がっていく。キュンキュン、キュン……


     キュンッ、おむつの中に熱い涎を垂らしてしまった。
     もう限界だ。
     ルキアにキスをされて果実を貪り合い、自慰を見せつけられ、自分のおもらしショーツを濡らされているのだから無理もない話かも知れないけど。

     そんなときに視界に飛び込んできた、ルキアの脱ぎ捨てられたピンクと白のしましまショーツ。

     シャロンは、まるで操られたかのようにおむつを降ろした。中から蒸れかえったアンモニア臭が湯気のように立ち上り、刺激臭が鼻を突く。

     おむつの中は散々だった。
     洋式トイレに腰掛けたまま漏らしたのでお尻のほうまで黄色い染みが広がり、おむつのそこには茶色く恥ずかしい染みが残っていた。
     おしっこみたいなサラサラな液体を吸収するのは得意みたいだけど、愛液のような粘液はすぐに吸収されずに、テラテラと紙の表面に残るらしい。

     そんなおむつで覆われていた、シャロンのマシュマロのように柔らかそうな双丘は、やはり扇情的な粘液に濡れ、割れ目から綻んでいる花びらからは止めどなく蜜が漏れ出していた。

    「……ルキアの、ショーツ……べ、別に穿きたいわけじゃないんだから……」

     言いつつも、シャロンはしましまショーツに脚を通していく。
     十分に花びらは濡れていると思っていたけれど、ルキアが汚したクロッチの裏側は想像を超えていた。
     花びらと触れた瞬間、腰が抜けそうなくらい熱を持ち、それとほぼ同時に身体中を電流が走っていったかのような衝撃に襲われる。それは脳内を真っ白にスパークさせ、誤った神経伝達信号を筋肉に送り始めたのだ。
     それは、即ち無尽蔵な痙攣。

    「きゃっ!! ……っ! ……っ!」
     シャロンは、ルキアのショーツを穿いた瞬間イッてしまった。
     ベッドにぺたりとお尻を突いて、そこを中心として新しい愛液の水たまりが広がっていく。
     だけど当のシャロンはそんなことを気にする余裕もなく、白い喉をのけぞらせて痙攣し、口からは桃の香りのする涎が幾筋もの流れを作り上げだらだらと淫靡に輪郭を伝い落ちていく。

     内股がピクン、ピクンと痙攣し、クロッチに涎を垂らしてしまう。それはルキアの愛液と混じり合い、更なる快感を生み出していく。

    「と、止まらないっ! ……止まらないのぉ……! 勝手に漏れ出して来ちゃうのぉ……!」

    「……シャロン……もしかして、ショーツ穿いただけなのにイッちゃったとか……?」
    「い、イッてなんか……んぅっ、くっ……ひくっ……」
     口からは言い訳が出てくるけど、一目見れば明らかだ。
    「嬉しいよ、わたしは。シャロンがわたしのショーツ穿いただけでイッてくれたんだもの」
    「だからイッてなんか……むぐっ」

     途中で途切れるシャロンの言い訳。唇が柔らかい果実でふさがれたのだ。それは、ルキアの唇。そのままベッドに押し倒されるように包まれ、ルキアの太ももが脚に絡みついてきて、ショーツが触れ合う。
     不思議とそれだけ不安定に痙攣していた身体が落ち着きを取り戻してきた。

     一緒になれたって言うことは、こんなにも落ち着けるものなのだろうか?

    「んぅ……ふぅ……少し疲れちゃった。このまま寝ちゃわない?」
     スッと金髪を梳いてくれるルキア。金髪を梳かれることは嫌いではない。大切にされていると実感できるから、むしろ好きなくらいだ。……絶対に口には出さないけれど。
     自然、ゴロゴロと猫のような声が漏れてしまう。そして、目の前には例のグレープフルーツみたいな胸。

    「いいよ、少しくらい甘えても」
    「そ、そんなこと……!」
    「シャロンはさあ、甘えが足りないんだよ。二人きりでいるときくらい、甘えて欲しいな」
    「………む、むぐぅ」

     半ば無理やりグレープフルーツが迫ってきて、シャロンの視界を埋め尽くした。しっかりと両手で抱き留められて、仕方がなくシャロンもルキアの腰に手を回す。

    「おやすみなさい、可愛いシャロン……」
     ルキアの声に応える声がないのはただ単に照れているだけなのだろうか? ほどなくしてルキアの腕の中から、安心しきった安らかな寝息が聞こえてきた。




    ……おしまい? ……それともつづく?

    とりあえずおしまい。
    長くなってしまったのでしばらく続きは待ってみようかと思います。
    続くとしたら、アメリア先生登場で鬼畜ものになりそうな……。このシリーズは好評なのかどうかイマイチ分からないんですよね~。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    拝見させて頂きました

    QMAでスカとはニッチすぎて俺特すぎです、実は数年前から感想は書こうとしてたのですが申し訳ありません。
    直接的ではなく間接的な行為で快楽を得るのが良いです、情緒的(大袈裟)でシチュエーションが大変素晴らしいです。
    染みと汚れと臭いたつ快楽、ベリグーです

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/107-6013dd05
    ブログパーツ