レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    下巻は6月30日に発売決定!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    寄生蟲6

    目覚めたら、お姉さまの部屋だった。
    トイレで襲われていたはずなのに……なぜ?
    「いやっ」
     比奈は、自分の叫び声と共に意識を取り戻した。
     瞳を開いた先には、木目の見慣れない天井。
     
     ……あれ?
     
     いつも起きたとき最初に見る寮の天井ではなかった。それにいつものベッドではなく布団に寝ていた。
     低い視点から室内を見回すと、どうも同じ寮だが別の誰かの部屋らしい。
     質素な足の短い文机、その横からは本棚の壁が続いていた。綺麗に整理された本棚だ。一番下の段は辞典、そこから上に行くに従って、教科書、小説、漫画となっている。
     時計を見ると、二時を指していた。辺りの静けさから察するに真夜中か。
     白々とした蛍光灯が室内を照らしている。

    「……なんで……こんなところに……?」

     比奈が身体を起こそうとしたその時だった。
     すぐ枕元に、人が座っていることに気付いた。
     綿の長襦袢を見事に着こなし、艶のある黒髪をポニーテール気味に縛っている少女。吊り目気味の瞳が比奈を見つめ、優しく微笑んだ。
    「えっ?」
     思わず比奈は目を疑ってしまった。だって、そこにいたのは憧れの京先輩……姉さまだったのだから。なんで?
     慌てて身体を起こそうとして、疼痛に襲われる。身体の芯が痛む。
    「あっ」
     痛みが、ぼんやりとした記憶を一気に呼び戻した。さっきまで確かトイレにいて、そして――
    「……まだ、動かない方がいい」
     大人っぽくて落ち着いたハスキーな声だった。
    「ここは私の部屋。だから安全。心配しないで」
     ……え?
     ということは……この布団は姉さまの布団? それに、いま自分が着ている服はなんだろうか? 制服とは違う、姉さまと同じような襦袢を着ているようだった。
    「……悪いと思ったけど、勝手に着替えさせといた。……汚れてたから」
     その言葉が更に比奈を混乱させた。
     それは……全部、見られてしまったということだろうか。別にそれはそれで良かったけれど、まだ心の準備が。意思とは反対に顔が真っ赤になってしまう。頭の上にヤカンを置いたらお湯が沸くかもしれない。
    「だいじょうぶ、可愛かった」
     優しく微笑まれて、比奈の頬は更に赤くなってしまう。駄目だ、身体の芯まで熱くなってきた……。
    「制服は洗濯して、いま乾かしてる。だけど、ショーツは……ショーツは捨てといたけど、いい?」
     こくり、頷くのが精一杯の比奈。
    「代わりに、私のを穿かせておいたから……」
     うそ。
     熱くなった芯が、今にも滲み出しそうになった。
     京は、何があったのかを聞こうとはしなかった。それは不器用な優しさなのだと比奈は思う。それに、目覚めるまで枕元で付き添ってくれるなんて――。姉さまのことが更に好きになれそうだった。
     布団のなかにお姉さまが入ってくると、包み込むように比奈を抱いてくれる。ちょうど比奈の顔の辺りに、京の胸がきた。形の良いそれは顔を埋めると程よく押し返してきて心地よい。
    「今夜は一緒に寝ましょう。……今から外に出るわけにもいかないし……」
     比奈は答えずに、代わりに京の腰に手を回すと身体を寄り添わせる。二人を隔てているのは薄い襦袢の生地だけ。
     今は、姉さんの香りに包まれて眠りにつこう。
     それがおぞましい記憶を消し去る唯一の方法だと思った。
     だがこのときの比奈は、まだ知らない。
     自分の体内に化け物が寄生しているということを。そいつが不気味に蠢動していることを……。



    寄生蟲7に続く。


    この小説を最初から読む
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    ブログパーツ